シナジー | 恵比寿院(東京都渋谷区)|美容皮膚科シロノクリニック

シナジー | 恵比寿院(東京都渋谷区)|美容皮膚科シロノクリニック

シナジー 赤あざ・赤ら顔など「肌の赤み」に FDA認可 赤あざ 赤ら顔 にきび にきび跡 ケロイド シナジー 赤あざ・赤ら顔など「肌の赤み」に FDA認可 赤あざ 赤ら顔 にきび にきび跡 ケロイド

こんなお悩みありませんか?

  • 赤ら顔が気になる

  • 赤あざ
    なんとかしたい

  • こじわ、たるみ、
    肌のキメ
    を整えたい

シナジーとは?

シナジー機器画像

シナジー レーザー

シナジー機器画像

血管腫などの赤あざだけでなく、毛細血管拡張症や赤ら顔、赤みのあるにきび、にきび跡の赤みなどをシナジーが選択的に作用し改善します。血中の酸化ヘモグロビンに吸収されやすいため、血管系の病変に高い効果を示します。冷却作用により痛みを抑えられ、皮膚表面のダメージを最小限に抑えながら、熱を伝えることができます。

適用
毛細血管の除去(血色色素分解効果)
殺菌作用
メラニン分解効果
コラーゲン増殖効果、肌細胞活性化作用

治療症例

治療前
治療後
施術名:レーザー治療(シナジー)
施術の説明:赤あざ、毛細血管拡張症、血管腫、にきび、にきび跡、ケロイドなど血管性病変を分解し、効果をもたらす治療です。
施術の副作用(リスク):赤み、熱感、腫れ、痒み、乾燥、紫斑、水疱などの可能性があります。
施術の価格:頬 1回 66,000円/5回 264,000円(税込)
(治療回数は状態により異なります。)
治療前
治療後
施術名:レーザー治療(シナジー)
施術の説明:赤あざ、毛細血管拡張症、血管腫、にきび、にきび跡、ケロイドなど血管性病変を分解し、効果をもたらす治療です。
施術の副作用(リスク):赤み、熱感、腫れ、痒み、乾燥、紫斑、水疱などの可能性があります。
施術の価格:頬 1回 66,000円/5回 264,000円(税込)
(治療回数は状態により異なります。)
治療前
治療後
施術名:レーザー治療(シナジー)
施術の説明:赤あざ、毛細血管拡張症、血管腫、にきび、にきび跡、ケロイドなど血管性病変を分解し、効果をもたらす治療です。
施術の副作用(リスク):赤み、熱感、腫れ、痒み、乾燥、紫斑、水疱などの可能性があります。
施術の価格:1㎠ 11,000円/1ショット 2,750円(税込)
(治療回数は状態により異なります。)

シナジーの特長

波長

シナジーは、血中の酸化ヘモグロビンに吸収特性の高い595nmの波長をもつレーザーです。正常な皮膚組織に大きなダメージを与えることなく、異常に増殖した酸化ヘモグロビンをターゲットとしてその血管のみを選択的に破壊します。

冷却装置

レーザー先端部分に接触型冷却装置が付いているため、皮膚温度を2度以下に保ちながら治療を行います。この冷却作用により、痛みを抑えられるだけでなく、皮膚表面のダメージを最小限に抑えながらターゲットとなる皮膚深部の血管や赤みに効率的に熱を伝えることができます。

可変式パルス幅

パルス幅を0.5、2、20、40msec に変更できるため、従来のダイレーザーの治療対象であった単純性血管腫や苺状血管腫などのいわゆる赤アザのみならず、毛細血管拡張症や赤ら顔、赤みのあるニキビ、ニキビ跡の赤みなどにも改善効果が得られるようになりました。

  • パルス幅が短い:熱せられたターゲットが短い時間で放熱する為、狭い範囲に対して強く熱せられる。(光熱量が高くなる)
    → 0.5msec、2msec の短パルスは、一般的な血管腫の治療に適しています。特に0.5msecは小児のポートワイン母斑の治療に最適とされています。
  • パルス幅が長い:時間をかけて放熱する為、効果的に広範囲を温める。(光熱量が低くなる)
    → 20msec、40msec の長パルスは軽度の毛細血管拡張症の治療を紫斑反応を起こすことなく行えます。

均一なレーザー照射

照射径内のパワーが均一なため、効果にムラが生じません。また、周辺部との境界がはっきりしているため、重ねて照射する必要がなく安全で効果的な治療が可能です。

施術の流れ

  • 1.診察
    医師が肌の状態を診察し、最適な治療方法や料金などの説明をします。

  • 2.麻酔
    血管腫の治療を行う場合や、痛みに敏感な方へはテープやクリームの浸透麻酔、注射などの局所麻酔をします。

  • 3.照射
    病変に合わせてシナジーを照射します。

  • 4.薬処置・冷却
    炎症止めの薬を塗布し、照射範囲や肌の状態により冷却し終了です。

ご相談から治療まで

効果が期待できる病変

ポートワイン母斑

色は薄いピンク色から濃い紫色まで多様にある単発性の血管性母斑です。顔や首に発症することが多く、腕や足、胴体に出る場合もあり、発症率は、0.3%といわれています。
病変部はもともと扁平ですが、30歳を過ぎてから症状が進行する場合もあります。
治療の効果は、病変部の色、成熟度、深達度、結節の有無により異なります。

サクランボ色血管腫

小さいいぼ状の血管腫で、色は明るい赤色や紫色など一様ではなく、通常胴体や四肢の付け根などに見られます。思春期に発症する例もありますが、年齢が高くなるほどよく見られる病変です。

角化血管腫

分散型毛細血管拡張症で赤みを帯、足や胸部によく見られます。病変部が肥厚・角化する特徴があります。

蜘蛛状血管腫

中心部の丘疹から放射状に広がるのが特徴です。就学前の幼児から学童期の児童に多く見られます。

化膿性肉芽腫

単発性の毛細血管血管腫で多くの場合、損傷や部分的な炎症を伴います。皮膚・粘膜どちらにも発症します。初期は赤い丘疹ですが、徐々に広がり有茎化もしくは感染して潰瘍化する場合もあります。肉芽腫は出血しやすく痛みを伴います。

紅斑性肥厚型瘢痕

赤く隆起した表面は滑らかな瘢痕であり、直線状もしくは分岐状毛細血管拡張症が見られます。痛みを伴う場合もあります。レーザー治療で血管を取り除くことにより、瘢痕の規模を縮小し表皮の状態を改善することが可能です。

皮膚線条

薄いピンク色もしくは灰褐色の細かい線が組織に沿って筋状に現れたものです。皮膚が極端に伸縮したあとに発現することが多く、妊娠した女性の大腿部や腹部、胸部によく見られます。

多形皮膚萎縮症

皮膚の萎縮および色素沈着を伴う毛細血管拡張症の一種です。通常胸部から顎下を除く首側面にかけて発症します。日常的な日焼けや香水などの使用が原因となる場合もあります。

静脈湖

複数の小静脈が拡張して真皮の中に粒状の斑点を形成したもので、表面は扁平か多少隆起しています。色は赤紫色で、大きさは直径2~10mm程度で、外傷性出血を起こすことがあります。高齢者の上下唇や耳に発生するケースが多いようです。

瘢痕形成防止

手術後、傷跡が肥大化、角化、紅斑化するのを防きます。

治療のポイント

所要時間

顔全体15~20分

治療間隔

1〜3ヵ月に1回

痛み

病変の状態により表面麻酔を浸透させて行うケースもあります。所要時間:30分

治療を受けられない方

光受容性の高い方(特に赤外光線に敏感な方)
光受容性の高くなるような薬を服用している方
発作を起こす可能性がある疾患をお持ちの方
治療中(悪性腫瘍、心臓疾患、出血性疾患)もしくはその疑いがある方
妊娠している方
抗凝固剤を服用している方
皮膚の病変、炎症がみられる部位
医師の診断により治療が行えない場合

副作用・リスク

治療中・治療後に予期しない合併症が生じる可能性があります。
施術による、一時的な赤み、紫斑、腫れ、浮腫、熱感、痒み、発赤など一時的な反応として数日残る可能性があります。
施術によるリスクとして、稀に、水疱形成、痂疲形成、創感染、炎症後の色素沈着、色素脱、瘢痕の可能性があります。
治療の回数や期間、改善・回復等は、病変部の深さや、部位、年齢、性別によっても異なり、治療は予想以上に長期にわたる場合もあります。

副作用・リスク

レーザー治療などの効果は即時的なものでなく、継続的かつ反復的に行うことにより少しづつ効果が発現します。

治療に対する反応には個人差が大きく、体質などによっては治療後に副作用(色が濃くなる2次性色素沈着や瘢痕化、化膿など)がありえます。また、治療の回数や期間、改善・回復等は、病変部の深さや、部位、年齢、性別によっても異なり、治療は予想以上に長期にわたる場合もあります。

年齢、性別、人種、部位、皮膚の状態によっても、それぞれの効果の発現性や副反応が異なり、同じ治療をしても、治る時間や過程、反応の程度、合併症のありかたなどが異なります。治療後の平均的な治り方や合併症の発生などの説明を受ける必要があります。

治療費

方法・範囲料金(1回)
1照射2,750円(税込)
面積(1cm x 1cm)11,000円(税込)

   

監修医師

徳永 真理

院長 徳永 真理 Mari Tokunaga
シロノクリニック 銀座

経歴
  • 2006年東京女子医科大学医学部卒業、同年 東京大学医学部付属病院研修(内科、皮膚科)
  • 2008年シロノクリニック入職
  • 2015年シロノクリニック銀座院 院長に就任
所属学会・資格

・日本レーザー医学会認定医
・日本美容皮膚科学会
・日本抗加齢医学会専門医

その他

・サーマクール認定医
・ウルセラ認定医
・ドクターシーラボ開発顧問&認定医師

代表医師

代表医師 城野 親德

総院長 城野 親德 Yoshinori Shirono
シロノクリニック 恵比寿

経歴
  • 1988年慶應義塾大学医学部卒業
  • 1995年シロノクリニックを開業・総院長に就任
  • 1999年ドクターシーラボを設立し、取締役会長に就任
  • 2008年企業家ネットワーク 第10回年間優秀企業家賞を受賞
所属学会・資格

・日本レーザー医学会
・日本形成外科学会
・日本抗加齢医学会
・日本皮膚科学会
・日本美容皮膚科学会
・日本美容外科学会

その他

・サーマクール認定医
・ウルセラ認定医

シロノクリニックの医師・ドクター紹介

安心してご来院ください

治療は痛くないですか?

シロノクリニックでは、独自に研究開発したオリジナルの塗る麻酔をはじめ、ブロック麻酔、導入麻酔、冷風機によるクーリングシステム(冷却法)、鎮痛剤など各種ご用意しております。美しくなることに伴う苦痛を取り払い、快適な美容医療を実現します。

安全ですか?

定期的な医療機器の整備と、安全性の実証された薬剤の提供。患者さまの肌に触れるものはすべて滅菌・消毒することで、クリーンな環境で安全に治療を受けていただけるよう、徹底管理しています。さらに、リラックスできるアロマの香りなどで、患者さまが居心地よく過ごせるよう常に配慮していきます。

初めてなので不安です…

シロノクリニックではカウンセリングをとくに重視しています。お悩みをじっくりとお聞きし、経験豊富な医師が症状を的確に診断します。お一人お一人のお悩み・症状に合った治療をご提案し、無駄な治療をお勧めすることは一切ありません。どんなことでもお気軽にご相談ください。

本当に治るのですか?

治療は、「結果」で応えるものです。シロノクリニックでは、すべての治療をまず複数の医師が体験し、患者さまにとって何が一番いい治療なのか議論を重ね、治療メニューを決定しています。言葉の奥に秘められた患者さまのお悩みを理解し、いかに解決できるかを考え、ベストを尽くします。

最終更新:2022/10/20