肝斑(かんぱん) | 恵比寿院(東京都渋谷区)|美容皮膚科シロノクリニック

先月の来院者

肝斑(かんぱん) | 美容皮膚科シロノクリニック

シミの種類を熟知する医師だからこそできる
「肝斑(かんぱん)治療」をご提案します

治療が難しいといわれている肝斑。その原因は、女性ホルモンやストレスなどに関連します。改善方法はさまざまです。シミの種類を熟知している医師だからこそ、患者さまに合った「肝斑」の治療方法を示すことができます。

肝斑とは、頬や額などへ左右対称にもやもやと広がる地図状の淡褐色のシミです。通常まぶたにはできることがないため、下まぶたが白く、眼鏡をかけているように見えるのが特徴です。
20代後半~40代の女性に圧倒的に多くみられます。肝斑という病名は、色が肝臓に似ているからであって、肝機能や肝障害とは一切関係ありません。

肝斑の発症原因はさまざまですが、根本原因がわかっていないため、シミ治療で最も難しいといわれています。女性ホルモン(黄体ホルモン)が大きく関係していることもあるため、「ホルモンじみ」といわれることもあります。
紫外線はもちろんのこと、妊娠、皮膚への過剰摩擦(こすり過ぎ)によるバリア機能の破壊、不規則な生活(睡眠不足)、心理的要因(ストレス)など複雑な原因が考えられています。
また、体調や生理周期によって、色の濃淡が変化することも多くあります。
この肝斑(かんぱん)とよく似たものには、アザの一種である後天性真皮メラノサイトーシスや、ある種の皮膚炎からくる色素沈着症があり、治療方法が全く異なるので、まずは医師による診察を受けられることをお勧めします。

治療の歴史

一般的に肝斑に対しては、高出力のシミ取りレーザーは有効ではありません。レーザーの刺激により、肝斑を余計に濃くする可能性が高いためです。従来の肝斑治療は、トラネキサム酸内服療法(現在、市販されているトラネキサム酸成分)のみが有効であるとされてきました。
しかし、薄くすることはできても、なかなか内服療法のみで肝斑が消えていくことは少なく、また効果の出方もごくゆっくりのため、治療途中で挫折してしまう方が多いことが欠点でした。 トラネキサム酸はメラニンの生成を抑える成分ですので、肝斑を濃くするのを防ぐ効果はあっても、できてしまった色素の排出を促す効果はないのです。

そこで、色素の排出を促すために登場したのが、トレチノイン(ビタミンA誘導体)です。この方法は、肝斑を濃くする危険性は少なく有効な治療ではありましたが、高濃度の場合は、治療途中(とくに治療開始後、数週間)に著しい皮剥けや赤みの持続といったダウンタイムを伴うのが欠点で、ダウンタイムを気にせず治療を続けられる方に限られた治療方法でした。

これらのことをふまえ、シロノクリニックでは、より迅速に効果をご実感いただける治療方法、かつダウンタイムのない治療方法を長年研究してまいりました。
国内屈指の肝斑治療の症例数からフィードバックされる豊富なデータをもとに、最新治療機器を総動員し、これにシロノクリニックオリジナルの外用・内服療法を組み合わせて用いることにより、従来にはない良好な治療結果を収め続けております。

症例写真

治療前
治療後
施術名:レーザー治療・ノーニードルメソセラピー・注射
施術の説明:メスを使わずにレーザー治療などにて、肝斑除去などの美肌治療を行います。
施術の副作用(リスク):発赤、熱感、痛み、乾燥、痒みなどを生じる場合があります。
施術の価格:5,000円〜100,000円 (深度、大きさ、個数により治療内容及び回数が異なります)

肝斑(かんぱん)の治療方法

肝斑の治療は、そのときの肝斑の状態と合併する通常のシミやソバカスなどの状態に合わせて、治療を選択していきます。基本的には、レーザー治療や光治療、外用・内服療法のコンビネーション治療で改善へと導きます。
刺激により肝斑が悪化することもありますので、一人一人の状態に合わせた最適な治療を選択することが重要です。
一般のシミと比べて、ホルモンの影響やストレスなど原因がさまざまなため、治療回数を要します。時間をかけて丁寧に治療を行うことが大切です。

レーザー治療

QスイッチヤグレーザーMedLite(メドライト)C6 FDA認可

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★

QスイッチヤグレーザーMedLite(メドライト)C6の機器

炎症を起こさせないほどの弱いパワーでレーザーを照射し、皮膚の中に滞留しているメラニン(シミの原因)を少しずつ壊していくことで、安全で確実な肝斑治療を行います。
長い波長を持ち合わせているため、皮膚深部(真皮上層)にまでレーザー光線が届き、コラーゲンの産生を促します。それにより、肌のハリやキメが改善し、気になっていた毛穴の開き、法令線(口元のしわ)や目元のしわまでも軽減させます。さらにリフトアップ効果も得られます。
照射時の痛みはなく、あたたかい感覚だけです。

詳細を見る

QスイッチヤグレーザーMedLite(メドライト)C6の機器

注入治療

肝斑アクシダーム(銀座のみ) FDA認可

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★

肝斑アクシダーム(銀座のみ)の機器

肝斑アクシダームは別名ノーニードルメソセラピーといい、名前の通り、針を使わないのに直接注射するのに匹敵する程の効果をもたらします。電気の力で肝斑に有効な成分(トラネキサム酸・ハイドロキノン・APPS※)を皮膚の奥深くまで届ける方法です。
超音波では導入できない粒子の大きい成分を、皮膚に浸透させることを可能にしました。

トラネキサム酸

「トラネキサム酸」は、抗プラスミン作用をもつ成分です。プラスミンは、メラノサイト(メラニンを作る色素細胞)を活性化する因子の一つと考えられていて、この働きをブロックするのがトラネキサム酸です。この作用によって、メラニンを作り出す前の段階でメラノサイトの活性化を阻害し、「肝斑」の発生を抑えます。

ハイドロキノン

「ハイドロキノン」は、イチゴ類や麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分です。メラニンの合成を抑制する働きがあるため、美白治療として単独で使われるだけでなく、レーザー治療後の二次性色素沈着を抑える薬としても頻繁に使われます。また、黒色化したメラニンに直接働きかけて淡色化する漂白作用もあります。

APPS

APPSは、親水性〔水になじみやすい性質〕と、親油性〔油分になじみやすい性質〕の2つの性質を併せ持つため、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力があります。素早く肌に溶け込み、長時間にわたり角質層の隅々へ浸透させる力があります。

 

詳細を見る

肝斑アクシダーム(銀座のみ)の機器

美容点滴

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★
シミ・肝斑撃退注射

〈効能〉
美白効果、シミ・肝斑の改善、メラニンの生成を抑えて排出を促す

スーパー美白注射

〈効能〉
美白、美肌、抗酸化作用、ニキビの改善、更年期障害の改善、抗アレルギー作用

白玉点滴

〈効能〉
美白、抗酸化作用、肝機能改善、抗アレルギー作用
主成分に美白効果の高いグルタチオンを高濃度で配合。グルタチオンには肝機能を改善・向上化させる作用があり、代謝機能を正常に導きます。メラニンの生成を抑制及び排泄、アレルギーの抑制にも効果的で、強力な抗酸化作用を発揮します。

メガビタミンC点滴

〈効能〉
シミ・肝斑(美白効果)、しわ・たるみの改善、老化・生活習慣病予防 、乾燥肌対策 、アトピー性皮膚炎の改善、ニキビケア、風邪予防、疲労回復、ガン予防

 

詳細を見る

院内処方薬

内服薬

トラネキサム酸、グルタチオン、ビタミンC、ビタミンHなど

グルタチオン

グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸からなるトリペプチドのことをいいます。グルタチオンは、抗酸化作用、解毒作用、補酵素、アミノ酸輸送など、生体の恒常性(内部環境を一定の状態に保つ働き)維持に関わる機能を持っています。これらの働きは、肝斑や各種色素沈着のメラニンを減少させる働きがあります。また、皮膚の炎症の治癒を促進させる働きと肝機能の改善作用もあります。

ビタミンC

シミ、ソバカスに直接働きかけ、色素沈着を直接取り除き、美白効果を促します。同時にコラーゲン生成をも促します。また、抗酸化作用、抗ストレス作用の働きもあります。

ビタミンH

皮膚基底細胞の下部にある毛細血管を太くすることで血液の流れを良くし、皮膚の再生能力を高める作用があります。また、細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保ち、皮膚を美肌へと導きます。皮膚のビタミンといわれ、総合的に皮膚機能を高めます。

外用薬

WHITE377、ハイドロキノン、トレチノイン 、トラネキサム酸クリームなど

WHITE377

メラニン生成を抑えるカギとなる「チロシナーゼ」という酵素の活性化を強力にブロックする成分「WHITE377」を配合しています。その美白力は「ハイドロキノン」の約2,100倍、「アルブチン」の約7,000倍もの効果があります。
高い美白効果がありながら、肌への負担が極めて少なく、レーザー治療後の肌にも安心して使え、治療の効果を高める作用まであります。

ハイドロキノン

「ハイドロキノン」は、イチゴ類や麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分です。メラニンの合成を抑制する働きがあるため、美白治療として単独で使われるだけでなく、レーザー治療後の二次性色素沈着を抑える薬としても頻繁に使われます。また、黒色化したメラニンに直接働きかけて淡色化する漂白作用もあります。

トレチノイン

トレチノインには細胞を活性化させる働きが強く、弱っていた細胞や老化して衰えた細胞を、元の元気で健康な細胞に生まれ変わらせる効果があります。
皮膚の新陳代謝が高まり、メラニンの排出が促され、角質まではがれやすくなるため、シミ・くすみが改善されます。

TA 5%クリーム

シミ・くすみの改善に効果的なトラネキサム酸を高濃度(5%)で配合したクリームです。
メラニン生成抑制効果や抗プラスミン効果による炎症抑制効果があります。

治療費

よくあるご質問

Q. 肝斑とは、どんなものですか?

A. 30~40代の女性を中心に頬や額などに左右対称に広がる地図状のシミです。通常まぶたにはできることがないため、下まぶたが白く見えて眼鏡をかけているように見えるのが特徴です。紫外線はもちろんのこと、妊娠、皮膚への過剰摩擦、心理的要因など、複雑な原因が考えられます。体調や生理周期によって色の濃淡が変化することもあります。
肝斑であるのか、違う種類のシミなのかの見極めは、一般の方には難しいものです。シロノクリニックでは、患者さまのシミの種類を的確に診断し、最適な治療方法をご提案いたします。

Q. 肝斑と日光によるシミが混在していますが、治療はできますか?

A. もちろん可能です。患者さまのシミの種類を的確に診断し、症状のある箇所のそれぞれに最適な治療方法をご提案いたします。

Q. 肝斑はレーザー治療で悪化すると聞きましたが、大丈夫なのですか?

A. 肝斑治療に高出力レーザーを使用すると、効果がないどころか、濃くなるということがあります。肝斑治療の症例数が少なく、レーザー治療専門でないクリニックでは、このような問題が起こり得ます。
肝斑治療は、多くの症例を持つレーザー治療を専門に行っているクリニックで治療することをお勧めします。シロノクリニックでは、炎症を起こさないパワー調整で、レーザー、光治療、内服療法を適宜組み合わせ、独自の治療方法で効果を上げています。

一覧を見る

代表医師

城野 親德シロノクリニック総院長

  • 1988年慶應義塾大学医学部卒業
  • 1995年シロノクリニックを開業・総院長に就任
  • 1999年ドクターシーラボを設立し、取締役会長に就任
  • 2008年企業家ネットワーク 第10回年間優秀企業家賞を受賞

所属学会:日本レーザー医学会、日本形成外科学会、日本抗加齢医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本美容外科学会

その他:サーマクール認定医、ウルセラ認定医

日常のケア

肝斑(かんぱん)のケアは、日頃からの注意と日頃からのお手入れも重要です。

● 紫外線予防:日焼け止めなどで、紫外線から肌を守ってください。
● 保湿:しっかりと保湿をして、肌の新陳代謝を高めてください。
● 皮膚への刺激:強く皮膚を擦る刺激は、肝斑(かんぱん)の出現を促すことがあるため、お控えください。洗顔時もやさしく洗い流すことを心がけてください。
肝斑(かんぱん)は治療により一旦消えていても、完治は難しいシミです。紫外線への露出が多くなる夏場などは、予防にトラネキサム酸を内服し、肝斑(かんぱん)をコントロールしていくことをお勧めしています。

安心してご来院ください

治療は痛くないですか?

シロノクリニックでは、独自に研究開発したオリジナルの塗る麻酔をはじめ、ブロック麻酔、導入麻酔、冷風機によるクーリングシステム(冷却法)、鎮痛剤など各種ご用意しております。美しくなることに伴う苦痛を取り払い、快適な美容医療を実現します。

安全ですか?

定期的な医療機器の整備と、安全性の実証された薬剤の提供。患者さまの肌に触れるものはすべて滅菌・消毒することで、クリーンな環境で安全に治療を受けていただけるよう、徹底管理しています。さらに、リラックスできるアロマの香りなどで、患者さまが居心地よく過ごせるよう常に配慮していきます。

初めてなので不安です…

シロノクリニックではカウンセリングをとくに重視しています。お悩みをじっくりとお聞きし、経験豊富な医師が症状を的確に診断します。お一人お一人のお悩み・症状に合った治療をご提案し、無駄な治療をお勧めすることは一切ありません。どんなことでもお気軽にご相談ください。

本当に治るのですか?

治療は、「結果」で応えるものです。シロノクリニックでは、すべての治療をまず複数の医師が体験し、患者さまにとって何が一番いい治療なのか議論を重ね、治療メニューを決定しています。言葉の奥に秘められた患者さまのお悩みを理解し、いかに解決できるかを考え、ベストを尽くします。

初診Web予約限定ドクター無料相談 初回カウンセリング料無料 閉じる