ワキガ・多汗症 | 恵比寿院(東京都渋谷区)|美容皮膚科シロノクリニック

先月の来院者

ワキガ・多汗症 | 美容皮膚科シロノクリニック

ニオイや汗のレベルを判定して、もう「におわない」治療ともう「じとじとしない」治療を行います

ワキガは、アポクリン汗腺の量が通常よりも多く、働きが活発なために起こります。また、肉食(動物性のタンパク質や脂肪)中心になると、体質にも影響を与え、皮脂腺から出る油脂成分が、エクリン汗腺とアポクリン汗腺を発達させ、汗のニオイを強くします。食生活の改善も含めた解決方法で、腋臭症の治療と多汗症の治療を行います。

ワキガの原因

ワキガの臭いはわきの下のアポクリン腺から出た汗が、皮膚についている細菌によって分解され、皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗と混ざり、特有の臭いを発生します。
また、両親がワキガの場合には、子供にもワキガ体質が遺伝すると言われています。誰でもアポクリン腺を持っていますが、ワキガの場合はアポクリン腺自体が大きく発達しており、その密度も高いことがわかっています。

ワキガとは

ワキガとは、わきの下の汗が原因で体臭が気になる病気です。ワキガを美容上の問題と捉えれば、病気扱いしなくてよいと考える方も多いと思います。患者さん自身も病気と考えている方は少ないようですが日常生活で多々デメリットもあるでしょう。

ワキガは病気か?

実例では、美容師さんで、ワキガのために職場を去らざるをえなかった患者さんがいました。しかし手術でワキガの症状がすっかりなくなり、すぐにもとの職場に復職できました。この方のように、男性では仕事に支障が出るために手術を受ける方が多いようです。もちろん女性の場合でもワキガの症状が気になり、仕事や勉強に集中できないと訴える方、彼がいつまでもできない、臭いを嗅がれるのがこわくて人と交流できないなどの悩みを持つ方が多くおられます。ですのでやはりワキガは美容的な問題だけではないと考えられます。

しかし、もちろんワキガは生命を左右するような病気ではありませんので、たとえわきの下の汗が多くて臭いが強いからといって、必ず手術しなければいけないものでもありません。本人が気にしなければ、臭いが強くても治療の対象にならないということです。美容師や自動車学校の教官のように、自分では気にならなくても仕事の上で問題になる場合は別かもしれません。

ワキガと多汗症

実際にわきの下の汗の悩みを訴えて外来を訪れる患者さんの話を伺うと、汗の臭いが気になるという方と、臭いより汗の量が多く、服に汗ジミができて困るという方がいます。狭い意味では前者をワキガと呼びます。後者は多汗症といって区別します。しかし実際はその両者が合併していることが多いため、一般には両方ともワキガと呼ばれてしまう傾向があるようです。

2種類の汗腺

汗を作り出す汗腺はアポクリン腺(大汗腺)とエクリン腺(小汗腺)の2種類があります。ワキガの臭いの原因は主にアポクリン腺です(皮脂腺も臭いに関係があるといわれていますが、これはわきの下だけでなく全身に分布しています)。

わきの下の多汗症の原因はアポクリン腺とエクリン腺の両方にあります。アポクリン腺から分泌される汗自体はあまり臭わないのですが、それが細菌で分解されると特有の臭いを発するようになるといわれています。アポクリン腺は性ホルモンの影響を強く受けているため、中学生くらいになってから症状が始まります。遺伝する疾患ですので、父親か母親がワキガの場合には、子どもにも生じやすくなります。普通誰でもアポクリン腺を持っていますが、ワキガの患者さんはアポクリン腺自体が大きく発達しており、その密度も高いことがわかっています。

腋臭症(えきしゅうしょう)の治療

軽症の場合:医療脱毛レーザー治療

体臭症とは俗にいうワキガのことで、わきの下から鼻をつくような不快な臭いがその原因の大半です。ワキガの臭いはわきの下のアポクリン腺という汗腺から出た汗に含まれている脂肪酸が皮膚についている細菌によって分解され発生します。このアポクリン腺は毛穴にそって存在しており、脱毛レーザーでこの毛穴ごと破壊してしまえば臭いも軽減することでしょう。ただし、この治療方法でワキガを治療する場合、3回程度の照射を必要とすること、多汗症にはやや結果が落ちることなど、症状の適応に限界があります。長所としては、1回の治療が5分程度であっというまに終わってしまうこと、日常生活に制限が全くでないこと、わきの脱毛が同時にできてしまうことなどがあげられます。

脱毛の詳細を見る

多汗症の治療

ボトックス注入

多汗症の原因部であるエクリン腺を全部取り除くことは困難で、手術治療よりもむしろ交感神経の作用を弱めるボトックスという薬を皮下に注射することによって4~5ヶ月間汗の分泌を極めて減少させることができます。春に注射すれば夏の間は汗をかかなくてすむというわけです。現在、この方法が主流といえます。

詳細を見る

ダイオードレーザー

首のそばには、胸から上の交感神経の中継点である星状神経節があります。ここに、レーザーを左右3分くらいずつ当てると、交感神経の緊張が緩和され、自律神経の働きが正常化して、発汗が抑えられます。
シロノクリニックでは多汗症の患者さんに、1~2週間に1回程度、1回について10~20分、レーザーを照射しています。

詳細を見る

参考:手術以外の治療

不潔にすると臭いが強くなりますので、汗をかいた後にはなるべく早くシャワーを浴びて、清潔にすることが大切です。わき毛があると細菌が増殖しやすくなりますので、わき毛を剃毛した方がよいといわれています。制汗、デオドラント製剤が多く市販されています。それらを使っても汗の量が減る訳ではありませんが、臭いを覆い隠す作用はあるようです。細菌を抑える作用のある抗生物質入りのクリームを外用する方法もあります。電気凝固法で毛根を焼く永久脱毛でも、わき毛が生えなくなるので、臭いの減少に多少は役立つものと考えます。しかし汗の量が減る訳ではないので、根本的な治療にはなり得ません。

日常のケア

不潔にしていると臭いが強くなるため、汗をかいた後はこまめにシートで拭き取るなど、清潔に保つことが大切です。

わき毛がある場合は細菌が増殖しやすくなるため、脱毛レーザー脱毛やカミソリなどを使って処理することをおすすめします。

動物性脂肪の多い肉類中心の食生活をしていると、脂肪酸がアポクリン腺や皮脂腺を刺激して分泌されるようになり、ワキガや体臭の原因にもなります。食生活の見直しも必要です。

治療費

よくあるご質問

Q. シロノクリニックのワキガ治療は根本治療が可能でしょうか?
A. あいにく当院で行っているワキガ治療は、根本治療ではなくあくまで臭いを軽減する治療となります。
Q. 多汗症治療をシロノクリニックで行った場合のメリットを教えてください。
A. 多汗症のボトックス治療は、注入するボトックスの薬量が効果に大きく影響すると言われており、シロノクリニックでは最大限の効果を出せる注入量で行っております。
一覧を見る

代表医師

城野 親德シロノクリニック総院長

  • 1988年慶應義塾大学医学部卒業
  • 1995年シロノクリニックを開業・総院長に就任
  • 1999年ドクターシーラボを設立し、取締役会長に就任
  • 2008年企業家ネットワーク 第10回年間優秀企業家賞を受賞

所属学会:日本レーザー医学会、日本形成外科学会、日本抗加齢医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本美容外科学会

その他:サーマクール認定医、ウルセラ認定医

安心してご来院ください

治療は痛くないですか?

シロノクリニックでは、独自に研究開発したオリジナルの塗る麻酔をはじめ、ブロック麻酔、導入麻酔、冷風機によるクーリングシステム(冷却法)、鎮痛剤など各種ご用意しております。美しくなることに伴う苦痛を取り払い、快適な美容医療を実現します。

安全ですか?

定期的な医療機器の整備と、安全性の実証された薬剤の提供。患者さまの肌に触れるものはすべて滅菌・消毒することで、クリーンな環境で安全に治療を受けていただけるよう、徹底管理しています。さらに、リラックスできるアロマの香りなどで、患者さまが居心地よく過ごせるよう常に配慮していきます。

初めてなので不安です…

シロノクリニックではカウンセリングをとくに重視しています。お悩みをじっくりとお聞きし、経験豊富な医師が症状を的確に診断します。お一人お一人のお悩み・症状に合った治療をご提案し、無駄な治療をお勧めすることは一切ありません。どんなことでもお気軽にご相談ください。

本当に治るのですか?

治療は、「結果」で応えるものです。シロノクリニックでは、すべての治療をまず複数の医師が体験し、患者さまにとって何が一番いい治療なのか議論を重ね、治療メニューを決定しています。言葉の奥に秘められた患者さまのお悩みを理解し、いかに解決できるかを考え、ベストを尽くします。

初診Web予約限定ドクター無料相談 初回カウンセリング料無料 閉じる