肥満遺伝子検査 | 美容皮膚科シロノクリニック

先月の来院者

肥満遺伝子検査 | 美容皮膚科シロノクリニック

遺伝子を調べて自分の体質に合うダイエット法を見つける、だから一生続けられるのです

人が太る・やせる要因には、「体質」「遺伝子」などにより異なる要因が個人個人にあります。遺伝子情報に基づく検査とは、日本人の97%が保有する3種類の肥満遺伝子を調べることで、身体のどこに脂肪がつきやすいのかを知ることができます。お一人お一人異なる、最適で効率のよい「たった一つの一生続けられるダイエット法」をご提案しています。

肥満遺伝子を調べるメリット

● 太る原因がわかりやすく判明します。
● 体のどこに脂肪がつきやすい体質なのかが把握できます。
● 肥満遺伝子の存在と生活習慣病は関連があるため、生活習慣病の予防の心がけに繋がります。
● 肥満遺伝子は生涯変化することがないため、中長期的な体重管理・健康管理に大変役立ちます。
● 自分に適した「たった一つの一生続けられるダイエット法」が判明します。

遺伝子とは?

人は、約26,800種類もの遺伝子を持っています。そのうち肥満に関係するものとして、50種類もの肥満遺伝子が現在発見されています。遺伝子とは、遺伝子とは遺伝形態を規定する因子であり、親から子へと遺伝する、あるいは細胞から細胞へと伝えられる形質(性質)を決定する因子のことをいいます。
人をはじめとし、動物、植物、細菌など全ての生物はそれぞれの姿、形、性質を、親から子へと次世代に伝える仕組みを持っています。
全ての生物の構成単位は細胞からなり、どんな生物の細胞も基本的な構造はほとんど同じようなものです。細胞膜に包まれた細胞の中には核があり、核の中には染色体が入っています。
この染色体に「親から子へ遺伝する」という形で受け継がれていく遺伝の基本単位、すなわち「遺伝子」が含まれています。遺伝子の本体は「DNA(デオキシリボ核酸)」という物質でできています。

DNAはA(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)と呼ばれる4種類の塩基(物質)がたくさんつながり1本の鎖のような形をしています。この塩基の並び方が一種の暗号になっており、例えば、G-T-Cという並び方は、「グルタミン」というアミノ酸を意味します。
このように、塩基3個の並び方が1つのアミノ酸に対応しており、この暗号通りにアミノ酸を繋げていくと、最終的にタンパク質ができあがります。
タンパク質は、生物の発生・分化・成長等を調節したり、酵素などとして働きます。

肥満遺伝子検査でわかること

肥満遺伝子分析

両親から受け継ぐ遺伝子のどちらかに変異があるのか、両方に変異があるのかを分析できます。遺伝子の影響の出方によって結果が異なります。

最適で効率のよいダイエット法と改善点

現在のBMI、最適のBMI、最適で効率のよい、具体的なダイエット法や改善点が判明します。

一人一人にあった、たった一つの一生続けられるダイエットプログラム

自分だけにぴったりと合う、たった一つの一生続けられるダイエットプログラムとして、食事スタイル、運動スタイル、ライフスタイル別に判明します。

食生活改善ポイント

摂るべきカロリーや一日の食事バランスを、栄養素ごとに詳しく把握できます。

タイプ別のライフスタイル

遺伝子の特徴、体型の特徴、食事の傾向、理想の食生活、効率のいいダイエット法、最適な運動法、ダイエット成功への鍵をお知らせします。

タイプ別のダイエットレシピ

しっかりと計算されたメニューを提供します。レシピ付きなので大変わかりやすく、いつもの料理にすぐに工夫いただけます。

肥満遺伝子の種類

りんご型

ベータ3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)
日本人の約34%がこのタイプに当たります。このタイプの方は、1日当たりの基礎代謝量が非保有者より200キロカロリーほど少ないことが明らかになっています。
体型的には、お腹回りが「ぽっこり」と出っ張っているのが特徴で、糖分を分解するインスリンの分泌力が低い傾向にあります。そのため、このタイプの方は、インスリンの分泌を促す糖分の摂取を控える必要があります。
○発生しやすい病気/糖尿病、高脂血症、脂肪肝など。

洋なし型

UCP1遺伝子。日本人の約25%がこのタイプに当たります。このタイプの方は、1日当たりの基礎代謝量が非保有者より80~100キロカロリーほど少ないことが明らかになっています。
体型的には、腰や太ももといった下半身に皮下脂肪が蓄積されやすいのが特徴で、食事療法による減量効果が表れにくい傾向にあります。食事の際、脂肪の摂りすぎに注意する必要があります。
○発生しやすい病気/子宮関係の病気、ガンなど。

 

バナナ型

ベータ2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)
日本人の約16%がこのタイプに当たります。このタイプの方は、1日当たりの基礎代謝量が非保有者より200キロカロリーほど高いことが明らかになっています。
体型的には、ほっそりとしていて太りにくいのが特徴で、筋肉が付きにくい上に落ちやすく、太るのが困難な体質です。肥満遺伝子というよりも「逆肥満遺伝子」と呼ぶ方が適切でしょう。
○発生しやすい病気/低血圧、うつ病、心臓病など。

 

検査の流れ

1. 綿棒で頬の内側の細胞を採取します

【ご提出書類】
●生活習慣チェックリスト
(食生活・食習慣・嗜好品・運動・生活や体調に関する質問表)
●肥満遺伝子分析同意書
(検査機関によるガイドラインに従い、個人情報は確実に保護させていただきます)

2. 数日後、体質に合わせたダイエット法(食事、運動)の検査結果をご報告します
●栄養分析書
●肥満遺伝子分析報告書(肥満遺伝子検査による対処法・アドバイスを含みます)
※検査結果は約2~3週間で届きます。

3. 医師の指導の下、検査結果に基づいた、最適で効率のよい、ダイエット法を具体的にご提案します。

治療費

代表医師

城野 親德シロノクリニック総院長

  • 1988年慶應義塾大学医学部卒業
  • 1995年シロノクリニックを開業・総院長に就任
  • 1999年ドクターシーラボを設立し、取締役会長に就任
  • 2008年企業家ネットワーク 第10回年間優秀企業家賞を受賞

所属学会:日本レーザー医学会、日本形成外科学会、日本抗加齢医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本美容外科学会

その他:サーマクール認定医、ウルセラ認定医

安心してご来院ください

治療は痛くないですか?

シロノクリニックでは、独自に研究開発したオリジナルの塗る麻酔をはじめ、ブロック麻酔、導入麻酔、冷風機によるクーリングシステム(冷却法)、鎮痛剤など各種ご用意しております。美しくなることに伴う苦痛を取り払い、快適な美容医療を実現します。

安全ですか?

定期的な医療機器の整備と、安全性の実証された薬剤の提供。患者さまの肌に触れるものはすべて滅菌・消毒することで、クリーンな環境で安全に治療を受けていただけるよう、徹底管理しています。さらに、リラックスできるアロマの香りなどで、患者さまが居心地よく過ごせるよう常に配慮していきます。

初めてなので不安です…

シロノクリニックではカウンセリングをとくに重視しています。お悩みをじっくりとお聞きし、経験豊富な医師が症状を的確に診断します。お一人お一人のお悩み・症状に合った治療をご提案し、無駄な治療をお勧めすることは一切ありません。どんなことでもお気軽にご相談ください。

本当に治るのですか?

治療は、「結果」で応えるものです。シロノクリニックでは、すべての治療をまず複数の医師が体験し、患者さまにとって何が一番いい治療なのか議論を重ね、治療メニューを決定しています。言葉の奥に秘められた患者さまのお悩みを理解し、いかに解決できるかを考え、ベストを尽くします。

初診Web予約限定ドクター無料相談 初回カウンセリング料無料 閉じる