主なカテゴリ
  • たるみの基礎知識
  • たるみは治る! 治療方法
  • たるみ特集
  • たるみに効く! 美レシピ
  • たるみに関するウソ・ホント
  • たるみを学ぼう! 用語集

たるみに関するウソ・ホント

たるみを治す

頬のたるみ・ほうれい線を解消するには

頬のたるみやほうれい線が目立つ原因とは

表情筋の衰えや皮下脂肪の蓄積などによって起こる「頬のたるみ」。
加齢や紫外線、乾燥などが原因で、肌のターンオーバーのリズムが崩れやすくなります。その結果、コラーゲンやエラスチンの生成量が減少し、肌の弾力が失われていき、頬のたるみによりほうれい線も目立つようになります。
頬のたるみは、毛穴の開きもまねき、「老け」を感じさせる要因になるため、目立ってきたほうれい線とともに、解消したいものです。頬のたるみやほうれい線を解消するには、どうしたらよいのでしょうか。

顔のむくみを解消するマッサージ

マッサージで、むくみによって動きにくくなった表情筋をほぐしたり、老廃物を取り除くことができます。ここでは、お家で簡単にできる3つのマッサージをご紹介します。

1.クリームなどをつけた後、鼻の横に指を揃えて手を置き、外側にゆっくりと指を滑らせる
2.目尻に指をあて、ゆっくり引き上げる
3.頬骨に沿って、らせん状にゆっくりと揉む

このマッサージを1日に数回、継続的に行うことで、頬のたるみの解消や予防につながります。お風呂上りなど、身体が温まっている時に行うことでより効果が期待できます。

表情筋を鍛えるエクササイズ

次に、表情筋を鍛える2種類のエクササイズをご紹介しましょう。

1.あいうえお体操で、「あ・い・う・え・お」と大きく口を開ける
2.舌回しエクササイズで、口を閉じた状態で歯に沿って舌をまわす(左回り・右回り)

マッサージと並行して行うことで、頬のたるみやむくみなどの改善や予防の効果が期待できます。

美容外科による切らない施術

以前は切開して行う「フェイスリフト」と呼ばれる施術が主流でしたが、現在では「切らない施術」が一般的です。
「サーマクール」は、高周波を皮膚の深部にまで到達させることで、皮下組織を引き締めるとともに、コラーゲンを生成させます。たるみを解消し、フェイスラインをすっきりさせる効果が期待できます。「ウルセラ」は、高密度焦点式超音波によって、表在性筋膜を引き上げる方法です。たるみが気になるところへ直接「ボトックス注入」や「ヒアルロン酸注入」を行い、リフトアップを試みる方法もあります。
たるみの状態や体質に合わせて、主治医と相談しながら、無理のない施術法を検討することが大切です。

自分の悩みや体質に合わせて、たるみを解消していきましょう。

美容皮膚科シロノクリニック診療・治療美白・美肌たるみたるみ向上クリニックたるみに関するウソ・ホントたるみを治す > 頬のたるみ・ほうれい線を解消するには