主なカテゴリ
  • たるみの基礎知識
  • たるみは治る! 治療方法
  • たるみ特集
  • たるみに効く! 美レシピ
  • たるみに関するウソ・ホント
  • たるみを学ぼう! 用語集

たるみに関するウソ・ホント

たるみを治す

気になる目の下のたるみを撃退したい!

目の下のたるみの原因とは

老けた印象を与えがちな目の下のたるみ、どうにかしたいものですよね。目のまわりは皮膚が薄いため、たるみが顕著に表われやすい場所です。
目の下のたるみは、主に老化による目の周りの「眼輪筋」と呼ばれる筋肉の衰えによって、引き起こされます。この眼輪筋が衰えることで、皮膚や目の下に溜まった脂肪が下がり、たるみになるのです。加齢によるヒアルロン酸やコラーゲンの減少によって、肌の弾力が失われることも、たるみの原因となります。
また、長時間のパソコンによって目のまばたきの回数が減ることで、眼輪筋を衰えさせます。そのため、20代~30代の若者でも目の下のたるみが目立つことがあります。
ここでは、気になる「目の下のたるみ」を撃退する方法をご紹介します。

つぼ押しマッサージでハリをだす

目のまわりの老廃物を取り除き、血液とリンパの流れを改善することで、目の下のたるみを解消するマッサージです。
クリームかオイルを目の周りに塗った後、目頭と目尻を順にゆっくりと押します。次に、瞼を閉じて、目頭から目尻に向かって、指の腹で軽くタッピングしていきます。
継続的に行うことで、目の周囲の血行が良くなり、目の下にハリが出てきます。

眼輪筋エクササイズで筋肉を引き締める

眼輪筋を鍛えるエクササイズを2つご紹介します。

1.中指で眉を引き上げて押さえ、瞼を10回閉じます。
2.人差し指で目尻を引き、思い切り眼を「ぎゅーっと」閉じる運動を数回行います。

これらのサイズを、時間がないときでも1日1回行うようにしましょう。眼輪筋が、正しい動きを学習でき、たるみの改善や予防になります。

目の下のたるみをとる施術

マッサージやエクササイズだけでなく、美容整形クリニックで目の下のたるみを解消する施術を受ける選択肢も。
例えば「サーマクール」は、高周波RF(ラジオ波)の力を使って肌の深部からたるみを解消し、皮下のコラーゲンの生成を促します。
「ヤグレーザーピーリング」は、レーザー光線を皮膚深部にまで送ることで、コラーゲンの生成を促す施術方法です。
いずれの施術も、継続して治療を受けることで、肌のハリや弾力の回復や、たるみの解消が期待できます。たるみの原因となる脂肪をとる「下眼瞼脱脂術」や「メソセラピー」と呼ばれる施術もあるため、主治医に相談しながら自分に合った方法を探してみましょう。

美容皮膚科シロノクリニック診療・治療美白・美肌たるみたるみ向上クリニックたるみに関するウソ・ホントたるみを治す > 気になる目の下のたるみを撃退したい!