主なカテゴリ
  • 薄毛の基礎知識
  • 薄毛は治る!治療方法
  • 薄毛の予防対策
  • 薄毛のQ&A
  • 薄毛を学ぼう!用語集
  • 美髪インタビュー
  • 薄毛のメンズ外来

薄毛・抜け毛の予防対策

ドライヤーケア

ドライヤーは使い方しだいで髪や頭皮を傷める原因になります。
正しく乾かせば、髪にツヤが出て、ボリュームアップできるのです♪

髪が濡れたまま、または、タオルで髪を包んだままで寝ることは、頭皮にも髪自体にもよくありません。髪のキューティクルが開いたまま水分がどんどん蒸発し、パサパサに乾燥してしまします。また、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。これらも薄毛の原因になります。

まずは、濡れた髪と頭皮の水分をきちんとタオルで取ることが大切です。 こうすることでドライヤーをかける時間を短縮できます。 次に地肌から20センチ以上離して、頭頂部から指の腹でかき分けながらドライヤーで頭皮を乾かします。 一箇所に長くドライヤーをあててしまうと、頭皮が乾燥しすぎて髪も傷めてしまいますので、ドライヤーを動かしながらまんべんなく乾かすようにしてください。 また、毛先に向かってドライヤーの風をあてるようにすると、キューティクルが整うので髪にツヤが出ます。

【正しい髪の乾かし方】

【1】

タオルで頭皮の水分を取ります。手先はタオルではさんで、優しく丁寧に水分を取ります。

タオルドライ

【2】

ドライヤーを頭頂部から20センチ以上離してあてて、乾かしていきます。

ドライヤー

【3】

頭頂部から指の腹でかき分けて頭皮を乾かしていきます。ドライヤーは動かしながら、一箇所にあてる時間を短くして、頭皮→髪と乾かします。手早く乾かすよう心掛けてください。

【4】

サイドから逆サイドへ、根元から毛先へとブラシとドライヤーを一緒に動かして乾かすと、根元が立ち上がり、ボリュームを出すことができます。最後にドライヤーをクールにして、頭頂部から毛先へ風をあてると髪が引き締まります。

ドライヤー

髪を傷めるので自然乾燥がいい、濡れたままはよくない等、髪の乾かし方にはいろいろな意見があります。 どちらも間違ってはいないのですが、ドライヤーで正しく乾かすことで頭皮と髪の健康を維持することができます。 加えて髪にツヤが出て、ボリュームアップさせることができる嬉しい効果もあります。ドライヤーを正しく使って、ツヤツヤ&ふんわりヘアーを目指しましょう!

△ ページの先頭へ