主なカテゴリ
  • 薄毛の基礎知識
  • 薄毛は治る!治療方法
  • 薄毛の予防対策
  • 薄毛のQ&A
  • 薄毛を学ぼう!用語集
  • 美髪インタビュー
  • 薄毛のメンズ外来

薄毛の基礎知識集

女性ホルモンが皮膚に与える影響とは?

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるホルモンで、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、排卵後に卵胞から変化した黄体から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。この2種類の女性ホルモンが交互に優位に立ちバランスを保っています。2種類の女性ホルモンのうち、エストロゲンは肌や頭皮の若さ・美しさに影響し、健康に保つ働きがあります。エストロゲンが活発に活動していると髪の寿命は長くなり抜け毛が少なくなります。
しかし、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどの影響でホルモンバランスの乱れが起こると、ヘアサイクルを乱れさせる原因になります。また、ホルモンバランスが乱れると頭皮の健康状態が維持できなくなり、薄毛だけでなくフケやニオイ、かゆみなどのさまざまな頭皮トラブルを引き起こすこともあります。

エストロゲン分泌量の変化

《月経周期とホルモン量》

思春期

卵巣からのエストロゲンの分泌がはじまる。

性成熟期

性機能が成熟し、卵巣機能が高まるとエストロゲンの分泌も順調になる。
いちばん行動的な気分になるのもこの時期。

更年期

卵巣機能が衰え、エストロゲンの分泌低下とともに月経周期が乱れはじめ、ついには閉経に至る。

老年期

卵巣からのエストロゲンの分泌がなくなる。

女性ホルモンと薄毛

女性ホルモンと薄毛には深い関係があります。女性ホルモンのバランスが著しく変化する出産・閉経時には、体内のホルモン状態が変化することで髪にも大きな影響を与えます。妊娠中の女性にはエストロゲンが急増しているため、髪も成長期を保っていますが出産を機に一気に髪が休止期に入るので抜け毛が一時的に増加します。
また更年期を迎える40代~50代頃には、閉経に伴いエストロゲンが著しく減少します。頭皮の健康を保っていたエストロゲンが減少することで頭皮も肌と同様に老化していきます。

△ ページの先頭へ