アトピー性皮膚炎 | 恵比寿院(東京都渋谷区)|美容皮膚科シロノクリニック

先月の来院者

アトピー性皮膚炎 | 美容皮膚科シロノクリニック

お子さまから大人まで、アトピー性皮膚炎の種類に合わせた最適な治療方法をご提案します

ステロイドを使わず、肌に刺激を与えない、優しい治療方法をご案内しています。美容医療を専門に考える医師だからこそ、美しい改善を目指すことができます。アトピーのお悩みにプラスされる肌のトラブルを含めて、徹底した治療を行います。

アトピー性皮膚炎はもともと何かに対して身体が拒絶反応を示しているので、体質そのものを改善しない限り、根底から治るということはありません。
そのため、その時の症状に応じた、いわゆる対処療法が行われているのが現状です。
一般的な治療としては日常生活指導に加えて、ステロイド剤の外用、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の内服などが行われています。
しかし、ステロイド剤を長期使用している場合などは、皮膚が薄くなって破れたり、感染症にかかりやすくなったり、血管が弱くなってすぐ内出血したり、小児では発育にも影響を与えたりと、副作用の問題があります。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎には2つの原因が考えられます。
一つが肌の問題である「皮膚のバリア機能の低下(角質層の機能低下)」、もう一つが体の問題である「免疫機能の異常(アレルギー)」です。

皮膚のバリア機能の低下(肌の問題)

アトピー性皮膚炎の特徴として、皮膚のバリア機能が低下していることが多いという事実があります。

その原因としては、生まれつき肌が弱いという方もいれば日中のエアコンなど、人工的に快適な環境下での生活が多くなることで、肌を自然に鍛えるような機会が極端に少なくなったために肌が弱くなった方など、さまざまです。

皮膚のバリア機能は、角質層の状態で判断できます。
角質層は表皮の一番外側にあり、水分保持や外部の刺激から皮膚を守る役割を担っています。健全な角質層は、折り重なる角質細胞の間をセラミドなどの細胞間脂質で満たされていて、高いバリア機能を保っています。
バリア機能が低下すると外的刺激を受けやすくなります。

最近のデータではアトピー性皮膚炎の方は角質層内におけるセラミド生成機能に支障があることがわかっています。
現在、医学的に断定された原因は特定できていませんが、日常生活における皮膚に対して継続するマイナス要因が、何らかの形でそうさせるのではないかと考えられています。

免疫機能の異常(体の問題)

アトピー性皮膚炎のもう一つの原因である「免疫機能の異常(アレルギー)」ですが、自律神経系のアンバランスが免疫系にさまざまな悪影響を与えます。

自律神経とは交感神経と副交感神経のことです。
活動する神経といわれる「交感神経」(緊張、興奮、行動)と、休む神経といわれる「副交感神経」(リラックス)の二つに分類され、必要に応じて自動的に切り替わって働くようになっています。
活動をしたり、物を考えたりしている時は交感神経が優位で、リラックスしている時は副交感神経が優位になります。

しかし、現在では24時間の生活、昼夜逆転など、本来副交感神経が優位になるべきところで交感神経が優位になることが多くあります。これらの状況が生活習慣の中で多くおきると、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかなくなります。

免疫の働きを持つ白血球には、「顆粒球」と「リンパ球」があり、顆粒球は体内に入ってきた細菌などの異物を取り込んで消化分解する働きがあり、リンパ球はウイルスなど小さすぎて顆粒球には処理できない異物(抗原)を、免疫の力で処理します。

顆粒球は交感神経が優位のとき、リンパ球は副交感神経が優位のときにそれぞれ増加し、通常の割合を越えて顆粒球が増えすぎると粘膜に炎症を起こしやすくなり、リンパ球が増えすぎるとアレルギーを起こしやすくなることがわかっています。

アトピー性皮膚炎の場合は交感神経優位の状態の方が多く、実際にそのような方の多くには、一進一退を繰り返しやすく、ちょっとした事で傷や炎症が現れやすい状態が見られます。これは粘膜に炎症を起こしやすい顆粒球増の状態を招いていることも原因の一つと考えられます。このように自律神経のアンバランスが、アトピー性皮膚炎の症状に深く関わる免疫系にも影響を与えるのです。

年齢別の症状

乳幼児アトピー

生後2~3カ月より始まり、口の周りなどにポツポツした湿疹ができて、それが顔や頭、身体中へと広がっていきます。湿疹、皮膚の赤み、かゆみによる引っかき傷などが特徴です。この時期に似たような症状で脂漏性湿疹という病気がありますが、これは1カ月程度で治ります。このような症状が数カ月以上続いた場合は、アトピー性皮膚炎と考えていいでしょう。

アトピーは肉親から受け継いだ遺伝子、その方の生活している環境などが複雑に絡み合って発症することが解っています。
アトピーを発症している方の中には、特定の食物に過敏に反応して症状が悪化、その特定の食物を除くことによって、症状が少々改善することが報告されています。特に乳幼児に対しては、この傾向がみられます。

食物アレルギーが乳幼児のアトピーに関与していることが多い原因としては、免疫機能が十分に働かないということが挙げられています。つまり、乳幼児の身体は成長途上にあって、体の中で食物を十分に受けいれることができにくいということです。
赤ちゃんの心身機能の総合力を高める生活、ケアをしてあげることが重要です。アトピー性皮膚炎は自然に治っていく病気なのです。

幼少期・思春期アトピー

幼少期になると顔の症状は治まり、皮膚炎の部位はひじや膝の関節の内側、背中や胸などが中心になってきます。また、皮膚の乾燥傾向も強くなります。幼小期は治る方が増えて新しく発症する方が少ないので、全体の患者数は減ります。顔面の発疹が減り、関節部や体の発疹が増えてきます。アトピー性皮膚炎では皮膚が非常に乾燥しやすいのが特徴で、乳児期を過ぎると皮膚の乾燥がはっきりと目立ってきます。

思春期から成年期アトピーでは、顔、上胸部、上背部、肘付近など上半身を中心に発疹ができます。この時期に突然アトピーの症状が現れる場合もありますが、乳児期や幼少期に一旦治ったアトピーが再発するケースがほとんどです。

思春期から成年期のアトピーでは、食物性アレルギーや吸引性アレルギーに加え、化粧品や装飾品などによる接触性アレルギーの影響も大きくなります。また、この時期のアトピーは、人間関係によるストレスや運動不足、食生活の乱れなど、さまざまな要因が複雑に関与している場合が多いため、治りにくいのが特徴です。スキンケアと体質改善に地道に取り組むことが大切です。

大人のアトピー

大人のアトピーは、重症のケースが多くなります。小児期のアトピーが大人になるまでに治らずそのまま持続してしまう場合が多いのですが、最近では思春期以降にアトピーが出現し、重症のアトピーに悩む方も増えています。大人のアトピーの特徴は、末梢の循環不良、顔面の赤み、睡眠不足などです。強いストレスによって交感神経の緊張が高まるためだと考えられています。

原因は大きく分けて二つに分類されます。子供の頃に発症し、そのまま大人に引きずるケースと、社会の過度なストレスにより、大人になってから発症するケースです。子供の頃に発症し、そのまま大人に引きずるケースは、今の大人のアトピーの典型と言ってもいいでしょう。子供の頃から使用を続けていたステロイド剤の作用により、自然治癒力(免疫力)が抑制されている状態です。

次に社会の過度なストレスにより、大人になってから発症するケースですが、これは社会人として生きていく上で、過度なストレスにより発症するものです。基本的には交感神経優位の状態になっているようですが、これも自律神経の乱れからきたものと考えられるようです。免疫システムは乱れた状態であり、その乱れた免疫力が過剰になって、抗原(アレルゲン)に反応した結果とも取る事ができます。
会社のストレス、プライベートのストレス、家族のストレス、働きすぎ、まとまった睡眠がとれないなど、多くの要因で発症に至ると考えられます。また、これらの要因が複数に絡み合う事で発症の要因になるのです。
アトピー性皮膚炎に発症した場合も、何が原因で発症したものか、冷静に分析する事が大切になります。現代社会の過度なストレスをいかに上手に処理・消化できるかが、アトピーを発症させない、かつ悪化させないための鍵となるようです。
発疹しやすい部位は、顔面、上胸部、上背部、肘窩など上半身に強くあらわれる傾向にあります。

かゆみの原因

皮膚に分布しているかゆみ神経は、体の表面近くまで伸びています。皮膚炎が起きると、皮膚から神経を成長させる物質がたくさん分泌され、神経線維がたくさん伸びてかゆみを強く感じるようになると考えられています。

かゆみを引き起こす物質としてヒスタミンが知られていますが、その他にもいろいろな物質がかゆみを引き起こすことがわかっています。皮膚炎が起きると、皮膚に存在する肥満細胞という細胞からヒスタミンやその他のかゆみ物質がたくさん分泌されます。かゆみ神経にはヒスタミンと結合する受容体という場所があり、ヒスタミンがその受容体に結合すると、かゆいと感じるのです。

目の周りに皮膚炎があってかゆみが強いと、どうしても目を強くこすってしまいます。
眼瞼炎や結膜炎はアレルギーによるものですが、白内障と網膜剥離(もうまくはくり)は叩くことによって起こります。アトピー性皮膚炎に伴う目の病気から瞳を守るためには、アトピー性皮膚炎の症状をいち早くコントロールし、かゆみを取り除き、目をこすったりたたいたりするのを止めることが大切です。目に症状がある方は、眼科も受診することをお勧めします。

アトピー性皮膚炎の治療方法

レーザー治療

ダイオードレーザー FDA認可

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★

ダイオードレーザーの機器

ダイオードレーザーは、低出力レーザーです。細胞レベルでの新陳代謝の活性化、血行改善、末梢神経の沈静化などのさまざまな症状を改善します。傷跡を早く治したり、腫れ、炎症、痛み、かゆみを取り除くことが可能です。免疫力を正常化させ、自己治癒力を高める効果があります。照射時の痛みや組織を傷つける心配は全くなく、非常に安全性が高いレーザー治療機器です。波長は830nm。

詳細を見る

ダイオードレーザーの機器

光治療

バイオプトロン

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★

バイオプトロンの機器

バイオプトロンは、太陽光線から身体や皮膚に有害な紫外線を取り除き、可視光線・赤外線だけを取り出した人工的な「太陽光線」をいいます。
光+水+酸素で細胞を活性化させる治療方法です。波長は480~3,400nm。これは可視光線と呼ばれる目に見える光の一部です。紫外線は100%含まないため、悪影響を受ける心配は一切ありません。バイオプトロンは肌本来がもつ自然な生まれ変わりを助け、健康で美しい肌へとサポートします。自然治癒力・免疫力に呼びかけることで、アトピー性皮膚炎にも効果が期待できます。

詳細を見る

バイオプトロンの機器

プラセンタ注射

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★

プラセンタのさまざまな効能の中に、抗炎症作用・抗アレルギー作用・免疫力改善作用があります。自己の治癒力が高まるため、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患などの体質改善に効果をもたらします。

詳細を見る

メガビタミンC点滴

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★

内服では摂取することのできない超高濃度のビタミンCを点滴し、体内の血中濃度を急激に上昇させることで、さまざまな効果が期待できる点滴治療です。抗アレルギー作用や免疫機能強化作用もあるため、アトピー性皮膚炎の症状の緩和が期待できます。

詳細を見る

キレーション(デトックス点滴)

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★

体内に蓄積された有害重金属によるさまざまな身体への障害を除去し、同時に血管内の汚れを取り去ることで、動脈硬化の改善と血行改善を行います。アトピー性皮膚炎やアレルギーの改善も期待できます。

詳細を見る

外用薬:AHPクリーム

効果
★★★
★★★
痛み
★★★
★★★
ダウンタイム
★★★
★★★
治療費
★★★
★★★

コラーゲンの産生を促進する「アセチルヒドロキシプロリン」配合の薬です。「アセチルヒドロキシプロリン」は、皮膚科学会でも発表された“皮膚の老化防止”に有効なアミノ酸の一種です。表皮細胞の増殖を促し、表皮中のセラミドや水分量を増加させ、バリア機能を向上させるため、アトピーの症状を和らげます。ステロイドは一切含有されていないため、小さなお子様でも安心してお使いいただけます。元々、米国では創傷治療薬として用いられ、英国では関節炎の経口治療薬などに使われています。

治療費

よくあるご質問

Q. 治療回数はどれくらいかかりますか?
A. アトピー性皮膚炎の場合、一時的に良くなることもあればまた悪くなったりを繰り返す病気のため、
根気よく治療を行う必要があります。また、表面上は炎症が治まったように見える場合でも皮膚内部ではまだ炎症が出ていることもあるので定期的な経過観察が必要です。
Q. ステロイド剤に抵抗があるのですが。
A. 当院ではステロイド剤が含まれていないお薬の取り扱いもございます。
お気軽に医師へご相談ください。
一覧を見る

代表医師

城野 親德シロノクリニック総院長

  • 1988年慶應義塾大学医学部卒業
  • 1995年シロノクリニックを開業・総院長に就任
  • 1999年ドクターシーラボを設立し、取締役会長に就任
  • 2008年企業家ネットワーク 第10回年間優秀企業家賞を受賞

所属学会:日本レーザー医学会、日本形成外科学会、日本抗加齢医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本美容外科学会

その他:サーマクール認定医、ウルセラ認定医

日常のケア

  • 肌を清潔に保ち、入浴・シャワー後は肌の乾燥を防ぐため、保湿クリームを使用しましょう。また、軽いアトピー性皮膚炎は保湿クリームなどで改善することがあります。
  • 肌への刺激を避けるため、洗剤はできれば界面活性剤の含有量の少ないものを使用しましょう。
  • 室内を清潔にして、適温・適湿を保ちましょう。

安心してご来院ください

治療は痛くないですか?

シロノクリニックでは、独自に研究開発したオリジナルの塗る麻酔をはじめ、ブロック麻酔、導入麻酔、冷風機によるクーリングシステム(冷却法)、鎮痛剤など各種ご用意しております。美しくなることに伴う苦痛を取り払い、快適な美容医療を実現します。

安全ですか?

定期的な医療機器の整備と、安全性の実証された薬剤の提供。患者さまの肌に触れるものはすべて滅菌・消毒することで、クリーンな環境で安全に治療を受けていただけるよう、徹底管理しています。さらに、リラックスできるアロマの香りなどで、患者さまが居心地よく過ごせるよう常に配慮していきます。

初めてなので不安です…

シロノクリニックではカウンセリングをとくに重視しています。お悩みをじっくりとお聞きし、経験豊富な医師が症状を的確に診断します。お一人お一人のお悩み・症状に合った治療をご提案し、無駄な治療をお勧めすることは一切ありません。どんなことでもお気軽にご相談ください。

本当に治るのですか?

治療は、「結果」で応えるものです。シロノクリニックでは、すべての治療をまず複数の医師が体験し、患者さまにとって何が一番いい治療なのか議論を重ね、治療メニューを決定しています。言葉の奥に秘められた患者さまのお悩みを理解し、いかに解決できるかを考え、ベストを尽くします。

初診Web予約限定ドクター無料相談 初回カウンセリング料無料 閉じる