2017年8月2日発行【サンキュ!:9月号】『身体の不調も老けも……ぜんぶ夏のせいだ!「夏の日ざしで老ける!ハゲる!ブスになる!この先“美肌”でいられるかは、この夏次第!」』|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2017年8月2日発行【サンキュ!:9月号】『身体の不調も老けも……ぜんぶ夏のせいだ!「夏の日ざしで老ける!ハゲる!ブスになる!この先“美肌”でいられるかは、この夏次第!」』にて、シロノクリニックが紹介されました。

2017年8月2日発行【サンキュ!:9月号】『身体の不調も老けも……ぜんぶ夏のせいだ!「夏の日ざしで老ける!ハゲる!ブスになる!この先“美肌”でいられるかは、この夏次第!」』にて、銀座院 徳永真理院長が夏のスキンケアについてお答えしました。

■掲載された内容について
「身体の不調も老けも……ぜんぶ夏のせいだ!」は、トラブルが多い夏の健康と美容をサポートする情報をレポートする特集記事です。Part2 見た目老化編「夏の日ざしで老ける!ハゲる!ブスになる! この先“美肌”でいられるかは、この夏次第!」で、シロノクリニック銀座院 徳永真理院長が、夏のスキンケアについてお答えしました。
■夏に心がけたい老化予防

(1)お出かけのシーンに合った日焼け止め選び
夏は日傘や衣類を含めて防護するとともに、お出かけ時はSPF30以上・PA++以上の日焼け止めを使用します。アウトドアならSPF50・PA+++以上のものを選びましょう。2時間ごとに塗り直しも忘れずに。

(2)シャワーのあとは夏でも保湿を
クーラーのきいた部屋では保湿が基本。夏でも加湿器の使用がお勧めです。オフィスでは、ミストの化粧水を定期的に顔にプッシュするなどの工夫を。

(3)UVスプレーや薬タイプの日焼け止めなども活用
髪などクリームを塗れない場所には、UVスプレーを使うと便利。また、お薬のように飲むタイプの日焼け止めもあります。場面に合わせて賢く使い分けを。

■日焼け後に心がけたいケア

(1)日焼けしたらタオルを巻いた保冷剤で冷やす
日焼けは軽いやけどをした状態と一緒。ともかく冷やすことが大切です。保冷剤をガーゼに包み、日焼け箇所に当てましょう。肌の炎症を抑え、日焼けの進行を防ぎます。

(2)朝昼晩の保湿で肌のうるおいを取り戻す
赤みが落ち着いたら、保湿をして肌にうるおいを与えると、回復が早くなります。シャワー後も忘れずに。特にさっぱりしたゲル状のスキンケア商品がお勧めです。

(3)焼けたパサパサ髪をオイルトリートメントで修復
オイルは保湿力が高く、日焼けした髪になじんで細胞へ浸透し修復します。タオルドライをしたらヘアオイルを少量なじませてから、ドライヤーで乾かすとより効果的です。

(4)ビタミンACE食材でお肌の細胞を再生
かぼちゃやにんじんなどのビタミンAは老化を防止する働きがあります。ブロッコリーなどのビタミンCはシミやくすみなどの抑制に活躍します。大豆などのビタミンEは、肌の新陳代謝をアップさせます。

(5)スポーツドリンクもお勧め
脱水症状になると肌が乾燥して荒れやすく、日焼けが治りにくい状態になります。夏は汗でミネラルの成分も流れ出てしまうので、スポーツドリンクを小まめに飲んで潤いをキープしましょう。

(6)皮がむけるほどの日焼けにはボディクリームを
皮がむけてきたら、自分でむくのは厳禁。まずは充分な保湿が大切です。刺激や香料の少ないボディクリームをたっぷりと塗り、乾燥を防いで治癒力を高めましょう。

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる