2017年2月17日発行【美ST:4月号】『美容医療の常識「たるみ対策にはウルセラ」の真実』|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2017年2月17日発行【美ST:4月号】『美容医療の常識「たるみ対策にはウルセラ」の真実』にて、シロノクリニックが紹介されました。

2017年2月17日発行【美ST:4月号】 『美容医療の常識「たるみ対策にはウルセラ」の真実』にて、城野親德総院長ウルセラについてお答えしました。

■掲載された内容について
「美ST(美スト)」は40代女性に向けた美容情報誌です。「美容医療の常識「たるみ対策にはウルセラ」の真実」は、40代最大の悩みとも言われる「肌のたるみ」を取り上げ、原因と治療法などを解説する特集記事。シロノクリニック 城野親徳総院長がたるみの原因と治療法であるウルセラについてお答えしました。
■たるみの原因は「筋膜」の衰え
筋膜とは、肌深部にある肌の土台とも言うべき部分のこと。年齢を重ねるごとに筋膜が薄くなることが、法令線やフェイスラインのたるみの原因になると考えられています。
■ウルセラについて
ウルセラは超音波の熱エネルギーを用いた「たるみ治療」マシンです。たるみ治療マシンとして世界で初めてFDA(日本の厚生労働省にあたる米国機関)の認可を受けています。皮膚を支える土台とも言える表在性筋膜(SMAS)を引き締め、引き上げる画期的なたるみ治療法です。従来のフェイスリフト手術のような本格的なリフトアップ効果を発揮し、効果の持続は約半年~1年です。皮下にのみ超音波の熱エネルギーを届けるため、皮膚の表面を傷つける心配はありません。照射は約30~40分程度で、治療後すぐにメイクが可能です。
■高密度焦点式超音波でピンポイントに照射できる

ウルセラは、「高密度焦点式超音波」という方式で皮膚の奥にだけ熱を届けます。これは、虫眼鏡で光を1点に集めるように、超音波を1点に集中させて点状に加熱するものです。
ウルセラで使用しているHIFU(ハイフ=High Intensity Focused Ultrasound)は、超音波を焦点を結ぶように照射することで、超音波のエネルギーを目的の場所に集中して照射することができます。つまり、狙ったポイントのみに超音波を照射し、即時的にたるみを「引き上げ」ます。

ウルセラに関する情報はこちら

MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる