2016年10月3日掲載【ビタミンCラボ.com】美容クリニックの女医に学ぶ!自分らしい美しさを育む生活習慣|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2016年10月3日掲載【ビタミンCラボ.com】美容クリニックの女医に学ぶ!自分らしい美しさを育む生活習慣にて、シロノクリニックが紹介されました。

2016年10月3日掲載【ビタミンCラボ.com】美容クリニックの女医に学ぶ!自分らしい美しさを育む生活習慣にて、横浜院 佐藤美院長が意識的に心掛けているキレイ習慣についてお答えしました。

■掲載された内容について
「ビタミンCラボ.com」は、日本ビタミンC協会が運営するビタミンCに関する情報サイトです。サイト内のインタビューや連載記事など、ビタミンCに関するコラムを掲載する「ビタミンC コラム」のコーナーにて「【特別記事】美容クリニックの女医に学ぶ! 自分らしい美しさを育む生活習慣」と題して、シロノクリニック横浜院・佐藤美院長のインタビュー記事が掲載されました。佐藤院長が日頃から心掛けているスキンケアや食生活、生活習慣などについてお答えしました。
■佐藤美院長の心がけるスキンケアのポイント
記事内でお答えした内容から、スキンケアのポイントなどについて一部ご紹介します。
・スキンケアは手で行うのがお勧め
スキンケアは手で優しくパッティング、ハンドプレスします。コットンを使用すると摩擦の原因となり、肝斑(頬や額、鼻の下などに出来てしまう薄茶色のシミ)が発生しやすくなります。手で温めると肌へ浸透も良く、手に余ったクリームで、デコルテやバストもついでにケアできます。
・紫外線対策は1年中しっかりと
季節を問わず1年中、しっかりと紫外線対策を行います。日焼け止めの後に、BBクリーム、フェイスパウダー、気になる部分にのみファンデーションで仕上げます。各ステップの間には、余計な油分をカットするために必ずティッシュオフするのがコツです。スキンケアの段階で、しっかりと保湿することも大切です。さらにあとはインナーケアとして、複合ビタミン剤を摂取しています。
・食事は数日間でバランスを考える
数日間でいかにバランス良く栄養を摂るのかを意識して食事します。外食の日はビーフやラムなどのお肉、アルコールを楽しみ、自炊の日は発酵食品のチーズや納豆を使用したメニュー、冷奴などさっぱりしたものにするといった風にバランスよく。食べる順番は野菜、タンパク質、炭水化物を心掛け、夕食時は炭水化物を控えて豆腐やこんにゃくなどで空腹を満たすようにしています。
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる