2016年5月24日発行【週刊女性:6月7日号】「美の壁は高かった―進撃のオバ―」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2016年5月24日発行【週刊女性:6月7日号】「美の壁は高かった―進撃のオバ―」にて、シロノクリニックが紹介されました。

2016年5月24日発行【週刊女性 6月7日号】「美の壁は高かった―進撃のオバ―」にて、池袋院 大村真由医師シミほくろ治療についてお答えしました。

■掲載された内容について
「美の壁は高かった―進撃のオバ―」は、漫画家の安彦麻理絵さんと大久保ニューさんが週替わりで美容体験レポートを綴る連載エッセイ漫画です。第53回は「美肌の敵!「シミ・ホクロ対策」を調査!」として、安彦麻理絵さんがシロノクリニック池袋院に来院。大村真由医師が、シミ・ほくろ治療についてご説明しました。
■シロノクリニックのほくろ除去

ほくろは「母斑細胞母斑」とよばれる母斑、黒アザの一種です。その母斑細胞母斑の中で、比較的小さいもの(直径1センチ前後以下のもの)を俗称として“ほくろ”と呼ばれています。ほくろの部位によっては老けて見えたり、美貌的に気になったりと、見た目の観点から除去を希望される方が多くいらっしゃいます。長年悩み続けた顔や体のほくろは、レーザー治療で皮膚に負担をかけずに除去することが可能です。

シロノクリニックでは「跡が残らないように消す」ことをモットーにしています。
切除して縫合するといった外科的手術は、1回の治療で終了し再発が非常に少ないのですが、凹んだ傷跡が残ってしまいます。
レーザー治療の場合、皮膚に負担をかけずに除去することが可能です。ほくろの凹み跡が残らないよう、熟練した医師が複数のレーザー機器で数回に分けて丁寧にほくろを取り除いていきます。

ほくろ除去に関する情報はこちら

■シロノクリニックのシミ治療
正しく排出されずに肌に残ったメラニン色素をシミといいます。シロノクリニックでは、一人一人のシミの原因を徹底究明し、シミのもとであるメラニンやメラニンを作り出すメラノサイトを、あらゆる攻めのアプローチを検討して抜本的に改善します。

シミ・シミに関する情報はこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる