2016年5月23日発行【GINGER:6月号】「夏の5大お悩み別! アラサー美肌家たちの梅雨→夏を乗り切る快適美肌術」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2016年5月23日発行【GINGER:6月号】「夏の5大お悩み別! アラサー美肌家たちの梅雨→夏を乗り切る快適美肌術」にて、シロノクリニックが紹介されました。

2016年5月23日発行【GINGER:6月号】「夏の5大お悩み別! アラサー美肌家たちの梅雨→夏を乗り切る快適美肌術」にて、銀座院 徳永真理院長が肌のヒリヒリ対策についてお答えしました。

■掲載された内容について
湿度が高く紫外線量も増える梅雨から夏にかけては、肌トラブルに悩む方が増える時期。この時期に多く見られる「ゴワゴワ(紫外線によるゴワつき)」「モヤモヤ(心のモヤモヤ、イライラ)」「ブツブツ(黒ずみ毛穴)」「ベタベタ(皮脂の過剰分泌)」「ヒリヒリ(夏の敏感肌)」という夏の5大肌悩みの解決策を、読者層と同じアラサー世代の美容家に取材した特集記事です。
夏の「ヒリヒリ」対策として、シロノクリニック銀座院 徳永真理院長がスキンケアについて解説しました。
■夏の「ヒリヒリ」は、ベーシックケアの見直しを

夏は汗や皮脂の分泌が盛んになる季節。ベタつきが気になるからと、ゴシゴシと洗顔する方が増えます。こうした間違った洗顔は肌のバリア機能を自ら低下させてしまう原因となり、夏の敏感肌をもたらしてしまいます。

肌が敏感なとき、新しいスキンケアを行うのはあまりお勧めできません。洗顔する時にしっかり泡立てたり、いつも以上に保湿を意識したり、日焼け止めを適量塗っているかどうかを見直したりと、普段のベーシックケアを見直すことが大切です。それだけで敏感に傾いた肌を立て直すことができるはずです。

■夏の敏感肌対策はここをチェック

・しっかり泡立てて洗顔する
洗顔時の肌への刺激がヒリヒリやムズムズの原因となります。 普段使っている洗顔料の泡立て方を、今一度見直してみてください。ポイントは、洗顔料を泡立てる前にしっかり手の油分をハンドフォーム等で落とすこと。それだけで、そのあとの洗顔料の泡立ちが格段にアップします。

・UVケアは厚めに塗る
日焼け止めの薄塗りは、表示通りのUVケア効果が得られません。夏場はSPF30以上、PA++以上のものがお勧めです。
去年の残りの日焼け止めを使うという人もいらっしゃいますが、劣化した日焼け止めは肌荒れの原因になることもあります。より効果を求めるなら最新のものを使用するようにしましょう。

MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる