2016年5月23日発行【美的:7月号】「女医さんのUVケアには、ヒントがいっぱい!」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2016年5月23日発行【美的:7月号】「女医さんのUVケアには、ヒントがいっぱい!」にて、シロノクリニックが紹介されました。

2016年5月23日発行【美的:7月号】「女医さんのUVケアには、ヒントがいっぱい!」にて、銀座院をご紹介いただきました。

■掲載された内容について
肌のメカニズムや紫外線についての知識が豊富な女医たちがどんなUV対策を行っているかを取材・紹介する特集記事です。UVケアについてのアンケートに、シロノクリニック銀座院 徳永真理院長が回答。「UVケアのことならなんでも相談したい信頼できる美容・皮膚科・婦人科の女医さんリスト」にてご紹介いただきました。
■女医アンケートで判明したUV対策を成功に導く鉄則とは
特集のための美容・皮膚科・婦人科女医へのアンケートで判明した「多くの女医が共通して心がけているUV対策の鉄則」として、以下のような内容が取り上げられました。
「飲む日焼け止め」は美容皮膚科医愛用率ほぼ100%
美容皮膚科医に絶大な信頼を得ているのが、飲む日焼け止め「ヘリオケア」。薬品ではなくサプリメントですが、効果の実証データが豊富です。有効成分Fem blockは中央アメリカに生息するシダの植物から抽出した成分で、高い抗酸化機能で有害光線のダメージを消去します。アトピーの改善薬として古くから用いられてきた成分だから安全性も問題ありません。
日焼け止め・日傘は使用期限に注意する
通常の化粧品は開封から約1年半が使用期限の目安。紫外線吸収剤は光で劣化するため、わずかでも光を通す容器に入っているものはより早く効果が落ちてしまいます。生地に後加工でUVカットをもたせた日傘は、生地の折り目から加工が取れ始め、UVが透過するようになってしまいます。劣化が始まる時期は使用頻度や保管環境で異なりますが3年が目安。遮断グッズは毎年買い替えることをお勧めします。
サプリメントは「抗酸化」と「腸内環境改善」がカギ
サプリメントに求めるのは強力な抗酸化効果。ヘリオケアのFem block、水素、ビタミンC・E、リコピンも抗酸化効果で注目の成分です。同時に摂取したいのは腸内環境を整えるもの。乳酸菌や酵素を腸の先まで届けられる製品は限られるため、検討は慎重に行いましょう。
女医が定期的に受けているUV対策美容医療は?
女医たちが定期的に受けている、UV対策としてお勧めの美容医療として、「高濃度ビタミンC点滴」「ケミカルピーリング」「フォトフェイシャル」などが挙げられました。
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる