2015年7月23日発行【JJ:9月号】『「うっかり日焼け!」をなかったことに!」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2015年7月23日発行【JJ:9月号】
『「うっかり日焼け!」をなかったことに!」』にて、シロノクリニックが紹介されました。

2015年7月23日発行【JJ:9月号】『「うっかり日焼け!」をなかったことに!』にて、 銀座院 徳永真理院長がうっかり日焼け後、3日以内にやるべき3大ケアについてお答えしました。

■掲載された内容について

日焼け止めの塗り方にムラがあった、日焼け止めがキチンと塗れていなかったなど、うっかり日焼けはどうしても起きてしまうものです。
うっかり日焼けしてしまった時のケア方法について紹介する特集記事です。
銀座院 徳永真理院長が日焼け後の肌のメカニズムについてお話しさせていただきました。

■日焼け後の肌のメカニズム

日焼け後3日以内になぜ3大ケアが必要なのかというと、シミの元となるメラニンが作られる時間が約72時間だからです。
まず、肌が紫外線に当たると約2~6時間後に肌の表面が赤くなり始めます。
さらに約6~48時間後には、痛みやヒリヒリ感を覚えるようになるでしょう。
これらは目に見え、実感することができる変化です。

一方で、肌の内部はというと約24~72時間の間に紫外線による影響でメラニンの生成が促されます。生成されたメラニンが肌に沈着することで黒っぽくなり、この状態になると目で確認できるようになります。

■日焼け後に必要なケア方法

肌が赤くなる、痛みやヒリヒリ感を覚える場合は冷やすことが大切です。冷やすことで肌の炎症が落ち着くようになります。赤みや痛みなどが落ち着いたら、肌に水分を与えましょう。
また体の中もカラカラになってしまっているので、水分を摂取することが大切です。

肌の内部でメラニン生成が起こる時期が、美白ケアの開始時期です。ただし、肌に刺激となるスキンケア用品を使うことは控えましょう。肌が炎症を起こしてメラニンが色素沈着を起こしシミになってしまう恐れがあります。
普段のスキンケア用品が刺激となる場合もあるので、肌への優しさを第一に考えて美白ケアを行ってください。
また食事で栄養素を摂り入れ、体の中から日焼け対策をすることも大切です。ビタミンが多く含まれる野菜や果物、また不足分はスーパーフードやサプリメントなどで補う方法も良いでしょう。

フォトシルクプラスに関する情報はこちら

MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる