2015年7月16日発行【FYTTE:9月号】「肌の老化を促進させる“夏枯れ”にご用心 夏本番UV対策&美白ケア、これが正解!」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2015年7月16日発行【FYTTE:9月号】
「肌の老化を促進させる“夏枯れ”にご用心 夏本番UV対策&美白ケア、これが正解!」にて、シロノクリニックが紹介されました。

2015年7月16日発行【FYTTE:9月号】「肌の老化を促進させる“夏枯れ”にご用心 夏本番UV対策&美白ケア、これが正解!」にて、銀座院 徳永真理院長が夏のUV対策と美白ケアについてお答えしました。

■掲載された内容について

紫外線量が増える夏、きちんと対策を行っておかないと、秋以降に肌の老化を促してしまいます。“夏枯れ”を防ぐため、真夏にとっておくべき紫外線対策と美白ケアについてまとめた特集記事です。

紫外線が肌に及ぼす影響や夏に心掛けるべき紫外線対策と美白ケアについて、銀座院 徳永真理院長がご説明させていただきました。

■紫外線ダメージ&乾燥が「夏枯れ」を引き起こす

加齢にともなって肌に現れるシミやくすみ、シワなどの老化現象は、その原因の7割が紫外線によるものとされています。

紫外線を浴びた肌にはメラニンが作られ、シミやソバカス、くすみの原因となります。さらに、紫外線のダメージは肌の奥「真皮」にも影響します。肌内部のコラーゲンが破壊されて、しわやたるみの原因となってしまうのです。

夏は湿度が高く汗をかきやすいこともあって、肌がベタつくことが増えますが、実は肌が乾燥しやすい季節です。暑さによって肌の水分が奪われたり、エアコンに晒されることで乾燥したりすることが多いのです。

肌は乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線のダメージをさらに受けやすくなってしまいます。紫外線ダメージを防ぐために、日中のUV対策を万全にするのはもちろん、毎日の保湿をしっかりと行うことが大切になってきます。

■夏に心がけたい紫外線対策と美白ケア

・肌の奥には「シミ予備軍」がいっぱい!?

一見シミのないキレイな肌に見えても、特殊なカメラで撮影すると潜在シミがびっしりとあることがわかるケースが多いものです。ケアしなければ必ずシミとなって現れます。表面に出てくる前の美白ケアが肝心です。

・冷たいものの食べ過ぎは肌にも影響

暑いからと冷たいものばかり食べていると、内臓が疲れ、肌の調子にも影響が及びます。3食しっかり食べて、美白を助けてくれるビタミンCや抗酸化作用のあるビタミンEを積極的にとることを心がけるのが大切です。

・「飲む日焼け止め」で内側からも紫外線対策を

塗る日焼け止めだけでなく、飲む日焼け止めも並行して使うことで、さらに紫外線の影響を受けにくくすることができます。当院ではカウンセリングにより、飲む日焼け止め「ヘリオケア」の処方を行っております。

・豆乳+オリーブオイルで乾燥対策

徳永院長は、日焼けによる乾燥を防ぐため、豆乳にオリーブオイルを混ぜたものを毎朝出勤前に飲む美容法を実践しています。豆乳には抗酸化成分も豊富で、女性にうれしい栄養素がとれるだけでなく吸収率UPの相乗効果も期待できます。

・フォトシルクプラスで「シミ」も「シミ予備軍」もケア

日焼けでできたシミやくすみを手軽に解消できて人気なのが「フォトシルクプラス」。傷みはほとんどなく、治療直後からメイクもできるのが特徴です。見えるシミはもちろん、肌の奥にある隠れシミにも効果を発揮します。

フォトシルクプラスに関する情報はこちら

MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる