2013年6月4日発行【週刊女性:6月18日号】「人知れず悩むアナタを救います!! お尻の悩み相談室」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・Webでご紹介いただきました!

2013年6月4日発行【週刊女性:6月18日号】「人知れず悩むアナタを救います!! お尻の悩み相談室」にて、シロノクリニックが紹介されました。

2013年6月4日発行【週刊女性:6月18日号】「人知れず悩むアナタを救います!! お尻の悩み相談室」にて、銀座院 徳永真理院長がお尻のブツブツ・角質についてお答えしました。

■掲載された内容について
便秘や痔、垂れ尻、ブツブツ、O脱毛……お尻の悩みは、普段の会話にのぼることもなく人にも相談しづらいものです。「人知れず悩むアナタを救います!! お尻の悩み相談室」は、そんなお尻の悩みを取り上げ、悩み別に専門家に取材したうえで解消法などを紹介する特集記事です。
ブツブツ、ザラザラとしたお尻の肌の悩みを取り上げる「ブツブツ科 お尻のブツブツ」のコーナーにて、シロノクリニック銀座院 徳永真理院長がお尻の肌のブツブツの原因やお勧めのケア方法などについてお答えしました。
■お尻のブツブツの原因は?
お尻の肌がブツブツ、ザラザラとしてしまう主な原因は毛穴の詰まりと、加齢などにより角質が溜まってしまうことです。
お尻の肌はもともと代謝の悪い部分です。角質がはがれるのが比較的遅いため、垢もたまりやすいのです。
また、お尻の皮膚は座っているときに摩擦を受けています。摩擦や刺激により、角質はますます厚くなり、ニキビができることもあります。
■お尻のブツブツを改善するには?
摩擦などお尻への負担を少なくすることと、角質ケアをすることがお尻の肌のブツブツを改善するポイントです。
サロンで受けられるピーリングなどでは、角質を薄くして表面をつるりとさせ、保湿をして角質を閉じこめることができます。
日常的には、長時間イスに座っているときは定期的に立ち上がることや、身体を洗うときにゴシゴシこすらないなどといったことに気をつけましょう。 自宅では、市販のクリームで角質をやわらかくしたり、専用のマッサージジェルなどで肌のターンオーバーを促進したりするのがお勧めです。

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる