2011年7月12日発行【女性自身:7月26日号】「節電猛暑でも美しく 美人女医5人が教える マル秘ひんやりテク20」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌でご紹介いただきました!

2011年7月12日発行【女性自身:7月26日号】「節電猛暑でも美しく 美人女医5人が教える マル秘ひんやりテク20」にて、シロノクリニックが紹介されました。

2011年7月12日発行【女性自身:7月26日号】「節電猛暑でも美しく 美人女医5人が教える マル秘ひんやりテク20」にて、恵比寿院 森智恵子医師が夏の暑さ対策についてお答えしました。

■掲載された内容について
「節電猛暑でも美しく 美人女医5人が教える マル秘ひんやりテク20」は、節電必須なこの夏を涼しく乗り切るための方法を、身体の機能のプロである女医5名に取材して紹介する特集記事です。シロノクリニック恵比寿院 森智恵子医師が、自身の実践する夏の暑さ対策と冷え対策などについてお答えしました。
■森智恵子医師が実践する夏の暑さ&冷え対策

・ファンや扇風機で風を作る
「太陽光でファンが回転する帽子が便利です。結構涼しくて、娘の運動会でもこれをかぶっていたらかなり目立ちました。診察室でも、ネットで見つけたソーラー式ミニ扇風機を愛用しています。湿度が高くても風があればさわやかに過ごせます。クリップで留められて、顔の高さに付けたり、メイクするときも重宝します。」

・トウガラシを取り入れた食事でたっぷり汗をかく!
「暑くて食欲がないときにはスパイシーな食事がお勧めです。「暑い暑い」と言いながら激辛料理でたくさん汗を出して、体温を一気に下げる作戦です。トウガラシに含まれるカプサイシンには発汗作用があるので、パスタ、うどん、おそば用といろいろ携帯しています。」

・冷えすぎ対策にも気を配る
「身体を冷やすばかりでは、体調を崩してしまう恐れがあります。節電が叫ばれているこの夏ですが、電車内などは、想像以上に冷房が効いています。体感温度は男女で違って、男性のほうが暑がり。オフィスでも家でも、男性に合わせていると冷えすぎるので、温める工夫も大切です。 冷えすぎには「よもぎ温座パット」が役立ちます。よもぎのシートが織り込まれたナプキンタイプで、下着に付けるだけ。よもぎには、シオネールという物質が含まれ、傷の治りを早め、免疫機能を高めたり、抗菌・癒し効果もあったりと女性にとって嬉しい効果がある薬草です。」

・疲労回復で夏バテ防止!
「この時季、だるさや疲労もたまりやすいので、早めに回復させてあげることも大事です。朝食をコンビニでチョイスするときも体力アップをしっかり配慮してもずくをパックごと一気のみ。つるつるとして、のど越しがさわやかです。ローソンの三杯酢がいま気に入っています。 さらに、週に2回程度は入浴時に40~42度くらいの熱めの湯に入り、汗を出すことを心がけています。岩盤浴やサウナもいいですよ。「ヒートショックプロテイン」といって、体温を5度以上上げると、免疫力をアップさせるたんぱく質を作ることができるんですよ。」

森医師お勧めの暑さ対策グッズを参考に、上手にクールダウンして暑い夏を乗り切りましょう。

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる