2011年5月10日発行【月刊ダイバー:6月号】「Sun Care Item 15」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

雑誌・webでご紹介いただきました!

2011年5月10日発行【月刊ダイバー:6月号】 「Sun Care Item 15」にて、シロノクリニックが紹介されました。

2011年5月10日発行【月刊ダイバー:6月号】「Sun Care Item 15」にて、横浜院 三宅真紀院長がレジャーでのUV対策についてお答えしました。

記載治療
処方薬 ビタミン剤、トラネキサム酸、グルタチオン

■掲載された内容について
月刊ダイバーはビギナーからベテランダイバーまで役立つ記事が満載のダイビング総合誌。「Sun Care Item 15」は、シミ、しわ、サンバーンなどの肌トラブルを回避するため、ダイバーに必要な紫外線対策として、日焼け止め、アフターケア、ヘアケアグッズなどお勧めアイテムを紹介する特集記事です。「Doctor's Boice」として、シロノクリニック横浜院 三宅真紀院長が、ダイバーとして心がけている紫外線対策についてお答えしました。
■三宅院長のダイビング前後の紫外線対策は?
ダイビングが趣味で、経験本数は約100本。好きな海はパラオだという三宅真紀院長。
日焼け止め、ファンデーションは、ドクターシーラボのBBクリームのSPF50のものを使用。一本ですむため、海辺で重宝するそうです。
また、クリニックで処方するビタミン剤、トラネキサム酸、グルタチオンなどの美白作用の強い内服薬を、前日と海に行った跡、数日間は普段の倍量飲むことでシミの生成を防ぐようにしているとのことです。
■シロノクリニックのメディカルスキンケア
シロノクリニックは、開業以来数十万人もの患者さまの肌を診察してまいりました。
レーザーや光、高周波治療、注入療法など、さまざまな方法で患者さまのお悩みの改善研究から、術後のスキンケアやアフターケア次第で、効果や持続期間が大きく違ってくることを実感しています。
最適なスキンケアを毎日行うことで、5年後10年後の肌は確実に変わります。そのことを熟知しているシロノクリニックだからこそ、最適なスキンケアをご提案し、患者さま一人一人に合わせたケアをご案内しています。
■院内処方薬について
シロノクリニックで処方する薬には、治療後の炎症を抑える塗り薬や抗生物質はもちろんのこと、レーザー治療の効果を高める「シロノクリニックだけの薬」があります。
化粧品では配合できない成分や濃度を可能にしているため、ご自宅でもクリニックのケアを継続していただけます。薬の効能・効果により、使用頻度や順番などが異なるため、安全により効果的にお使いいただくために、お使いの化粧品と組み合わせた適切なデイリーケアをアドバイスさせていただいています。
※院内処方薬は、医師による診察が必要です。

しみ・シミに関する情報はこちら

MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる