疲れた胃腸をいたわる「食生活のポイント」|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

疲れた胃腸をいたわる「食生活のポイント」

年末年始は、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたり、また食事の時間帯や回数なども不規則になりがちで胃腸に負担がかかってしまうもの。休みが明けてなんとなく胃腸の調子がすぐれないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

胃腸の調子が崩れると、便秘や下痢などを引き起こすだけでなく、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

疲れた胃腸を休めるための食生活について、美容皮膚科 シロノクリニック銀座 笠井美貴子副院長がお伝えします。

胃腸に優しい食生活のポイント

・食事は「腹八分目」を意識して
満腹になるまで食べると、消化のために胃腸はフル活動する必要があります。胃腸の疲れを感じている時は、食べる量を控え目にしてなるべく胃腸への負担を減らしましょう。

・よく噛んで食べる
しっかりとよく噛んで食べることで、食べ物が小さく消化しやすくなるため、胃腸への負担が少なくなります。また、噛むことで唾液など消化液の分泌が増え、消化能力が高まります。

・油っこいものや刺激物は控え目に 揚げ物などの油っこい食べ物は消化に時間がかかるため胃への負担が大きくなります。
また、極端に辛いものや熱いもの、冷たいものなども胃腸への負担が大きいため、胃腸の疲れを感じている時は控えるようにしましょう。

・適度にたんぱく質を摂る 胃腸の細胞や消化酵素の材料となるたんぱく質を摂ることは、胃腸の調子を整えるために大切です。
食べ過ぎには注意が必要ですが、良質なたんぱく質をしっかりと食事に取り入れるようにしましょう。

週末を利用した「プチ断食」も効果的

むくみを解消するには、ビタミンやミネラルなどの栄養バランスの良い食事を心掛けることが大切です。
また、むくみ解消に役立つ以下のような成分を含む食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

本格的な断食は難しいですが、週末などを利用して休前日の夕食を抜き、翌日はおかゆやスープなど消化の良い食事にして胃腸を休ませることで胃腸が正常な働きを取り戻します。

胃腸の疲れや不調を感じている方は試してみてはいかがでしょうか。

笠井美貴子 副院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる