目が小さくなった!? まぶたがたるむ原因と対策|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

目が小さくなった!? まぶたがたるむ原因と対策

昔の写真を見て「目が小さくなっている!?」と感じたことはありませんか? 毎日鏡を見ていると気づきにくいですが、以前と比較し目が小さくなっていると感じるのはまぶたがたるんでいるせいかもしれません。

今回は、まぶたがたるむ原因と対処法をご紹介します。









まぶたは乾燥しやすくダメージを受けやすい

全身のなかでも顔は皮脂線が多い部位ですが、眼球を覆うまぶたは皮脂腺が少なくとても乾燥しやすい部位です。
また、まぶたはとても薄く頬の3分の1の厚みもありません。これほど繊細なまぶたですが、アイメイクやクレンジングなどの繰り返しで摩擦の影響を受けることが多く、日常的なダメージが蓄積されやすい部位でもあります。

まぶたがたるむ原因と対処法

・摩擦による刺激
目の痒みや涙が出るとつい目元をこすってしまいますが、摩擦による刺激はたるみの原因となるので、日頃から目元に手を持っていかないよう意識して生活しましょう。
アイメイクを落とす時は目元専用のクレンジング剤を使って汚れを浮かせ、こすらないように優しく落としてください。

・メイクによる刺激
ファンデーションやアイライナー、アイシャドウを付ける時は、まぶたに刺激を与えるような塗り方は厳禁です。柔らかい素材の道具を選び、まぶたを伸ばさないように丁寧に施してください。
マスカラを塗る時は目尻を引っ張ったり、まつげを左右にゆさぶったりせず優しく塗っていきましょう。

また、ボリュームの大きなつけまつげやマスカラをつけていると、その重みによってまぶたが引っ張られることがあります。できる限りまぶたに負担をかけないようにナチュラルメイクに切り替えるか、アイメイクをしない日を作るといいでしょう。

・老化によるたるみ
誰しも加齢による変化は起こるものですが、老化を進める「糖化」を助長する生活を続けると、ますますたるみやすくなります。
糖化を防ぐために、食事の初めに食物繊維が豊富な野菜を食べたり甘い菓子類は控えたりするなど、血糖値の急上昇を抑える食生活を心掛けましょう。
併せて適度な運動と良質な睡眠も糖化防止につながりますので、毎日の習慣にしてください。

・老廃物の蓄積
老廃物や脂肪が溜まることでたるみを引き起こすことがあるので、老廃物を流し血液の流れをスムーズにするためにマッサージを行うのもお勧めです。
マッサージを行う際は手の平で温めたマッサージクリームやオイルを使用し、摩擦を与えないようにご注意ください。
リンパに沿って首筋、鎖骨、顔全体をほぐしながら老廃物を流していきましょう。目の周りの皮膚は薄く繊細なので、優しく撫でる程度で十分です。

たるみの原因は何気ない日常生活のなかに潜んでいます。
今回ご紹介した原因と対処法を参考に、たるみを防ぎスッキリした目元を手に入れましょう。

 大野 由美 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる