冬に多発する鼻の皮むけ… 原因を知って対処しよう!|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

冬に多発する鼻の皮むけ… 原因を知って対処しよう!

鼻は顔の中心にあり目立つため、ケアが欠かせないパーツの一つです。冬は乾燥しやすく、皮がむけて荒れることもあります。鼻の皮むけはメイクでカバーするのも大変なので、早く治したいと思う方も多いはず。

そこで今回は、冬に起きやすい鼻の皮むけの原因と対策をご紹介します。









鼻の皮がむけるさまざまな原因

冬は乾燥しやすいため皮がむけやすくなりますが、鼻の皮がむけることにはそれ以外にもいくつかの原因があります。

・鼻への強い刺激
顔の皮膚は薄くとても繊細です。そのため、鼻をこする・押すといった刺激が皮むけを引き起こしてしまいます。鼻をかむ時にティッシュで強くこする、角栓を無理やり押し出すといったケアを行っている方は要注意です。肌表面が傷つき、皮がむけるだけでなく、赤みを引き起こすこともあるため、鼻を不必要に触らないように気をつけましょう。

・過剰・誤ったスキンケア
間違ったスキンケアを行っていると、かえって肌を乾燥させる原因になり、鼻の皮がむけやすくなります。こすり洗いや熱いお湯での洗顔は、鼻へ大きなダメージを与えてしまいます。
また、毛穴が気になるからとピーリングや毛穴パックを何度も行ったり、あぶらとり紙で頻繁に鼻の皮脂をとったりするのも良くありません。過剰なお手入れは肌の乾燥や肌荒れを引き起こすため、鼻の皮むけを繰り返すことにもなります。

鼻の皮がむけた時のケア方法

皮むけは肌に負担がかかっている状態なので、肌を労るようなスキンケアが必要です。前述したような皮むけを起こす行動を控えて、正しいお手入れをしましょう。

・手で優しくスキンケア
鼻のケアする場合は、手で優しく触ります。特に鼻の皮がむけている場合、コットンの繊維や摩擦が肌にダメージを与えることがあるため、手で行うのがお勧めです。皮むけの部分は化粧水が浸透しにくいため、時間をかけて少量ずつ補給します。

・適度な保湿
乾燥が原因の場合、水分と油分のバランスが崩れているため、適度に補ってあげましょう。保湿力の高い化粧水に変えたり、ケアの最後に油分を含むクリームで保湿したりするのがお勧めです。クリームでふたをすることで乾燥を防ぎ、皮がむけにくくなります。量が多いと肌に負担をかけるので、少量をなじませてください。

・治らない場合は一旦スキンケアをストップ
いろいろ試してみても皮むけが良くならない場合は、一度メイクやスキンケアをやめてみましょう。ケアのしすぎが肌にダメージを与えていることもあります。ぬるま湯洗顔やワセリンのみの保湿で良くなることもあるので、しばらく続けて様子を見てみましょう。

 

鼻の皮膚はデリケートなため、正しい知識を持ってケアすることが重要です。自分に合ったスキンケアで鼻の皮むけを防ぎ、美しい肌を保ちましょう。

 野村 知宏 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる