期限切れに要注意! 基礎化粧品の使用期限切れがシミの原因になる?|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

期限切れに要注意! 基礎化粧品の使用期限切れがシミの原因になる?

普段から意識している方は少ないと思いますが、実は基礎化粧品には使用期限が決められていることがほとんどです。使用期限を過ぎた基礎化粧品を使い続けてしまうと、シミなどの原因になることがあるため注意が必要です。
とはいえ、なぜ使用期限切れの基礎化粧品がシミの原因になってしまうのでしょうか? 基礎化粧品の使用期限とシミの関係について見ていきましょう。









基礎化粧品の使用期限って決まっているの?

現在、ほとんどの化粧品には製造日の記載がありません。医薬品医療機器等法によると、製造または輸入後に適切な保存条件のもとで3年以内に品質が変化するおそれのある化粧品には、有効期限化製造年月日の表示が義務付けられています。しかし、これに該当しない基礎化粧品には製造年月日や使用期限が明記されていません。とはいえ、医薬品医療機器等法の範囲はあくまで、未開封の状態での変質の有無です。開封した基礎化粧品は時間が経つとともに変質してしまうことも多いため、注意が必要です。
ヨーロッパなどで生産された基礎化粧品には、「PAO表示」というフタが開いた化粧品のようなイラストで使用期限が記されていることもあります。PAO表示に「6M」「12M」などと書かれている場合、6Mなら開封から6ヶ月、12Mなら12ヶ月使えるという意味になります。

基礎化粧品はなぜ変質してしまうの?

基礎化粧品を開封すると、化粧品の容器の中に空気が入り込むため、少しずつ酸化や変質が起こります。とくに、基礎化粧品には保湿力を高めるために油脂成分が多く含まれていることが多いのですが、油は空気に触れると酸化し、過酸化脂質に変化しやすいのです。
また、基礎化粧品を指に取って使うときに雑菌が入り込み、繁殖してしまうことも多いもの。肌の常在菌である表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌は、基礎化粧品の中でどんどん増殖し、肌に悪影響を及ぼす危険性があるのです。

一般的な基礎化粧品の使用期限とは? シミを防ぐためには?

基礎化粧品のメーカーやアイテムによっても異なりますが、開封した化粧品は半年ぐらいを目安に使い切るのがお勧めです。とくに、添加物の入っていないナチュラル志向の基礎化粧品はさらに劣化が早まることが多いので注意しましょう。
また、未開封の基礎化粧品であっても、少しずつ酸化は進んでいきます。基礎化粧品の劣化を防いで肌をシミから守るためには、化粧品に書かれた正しい方法で保管をし、早めに使い切ることが大切です。

 

基礎化粧品には肌の調子を整えて健康的な肌を保つ働きがあります。しかし、古くなって酸化してしまった基礎化粧品は、肌にシミなどのダメージを及ぼすおそれもあります。
基礎化粧品の効果を最大限に引き出すためには、基礎化粧品を適切に保管し、早めに使い切ることが肝心です。

 佐藤 都雅 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる