いますぐ改善! 肌を乾燥から守る食生活のポイント |レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

いますぐ改善! 肌を乾燥から守る食生活のポイント

美肌にとって大敵ともいえる乾燥は、さまざまな肌トラブルを引き起こします。肌の潤いを保つには必要な栄養分を補う必要があるため、スキンケアを行うだけでなく、食生活を見直した方が良いかもしれません。

そこで今回は、乾燥から肌を守るための食生活ついて見てみましょう。





乾燥と食生活の関係

肌が潤うためには、角質層で水分が保たれていなければなりません。角質層の水分は、細胞間脂質(主成分はセラミド)、天然保湿因子のNMF、皮脂によって保持されています。これらのバランスが崩れると肌が乾燥してしまいます。
水分を保持するためにはさまざまな栄養素が必要です。不規則な食生活や偏った食事では栄養不足になってしまいます。無理なダイエットでの食事制限や欧米型の食生活も乾燥を促進させる原因の一つです。

乾燥肌を促進させる食べ物

普段何気なく食べているものでも、乾燥肌を助長させる食べ物は多くあります。
パスタやラーメンのタンパク質、肉中心の食生活は栄養バランスが偏りやすいです。また、糖質や脂質を摂取すると、肌のターンオーバーに関わるビタミンB群が消費されるため、肌にまで届きにくくなってしまいます。インスタント食品など添加物の多い食べ物は肝臓に負担をかけ、肌荒れの原因となります。
その他にもよく冷えた飲み物やアイスクリーム、サラダにも注意しましょう。内臓を冷やしてしまうため、血行不良で代謝が悪くなり乾燥肌が進んでしまいます。カフェインやお酒も、水分を大量に排出させるため注意が必要です。

肌の潤いに必要な栄養素を補給

乾燥肌を防ぐには肌にとって良い栄養素を取る必要がありますが、特に大切なのがタンパク質とビタミン類、亜鉛、オメガ3系脂肪酸です。

・タンパク質
タンパク質は肌を生成している主な成分で、角質細胞を作ったりターンオーバーを整えたりする働きをします。多く含む食材は肉や魚類、大豆、卵などです。

・ビタミン類
乾燥肌にとって重要なのは、ビタミンA、B群、C、Eの4つです。
肌を正常に保ってくれるビタミンAはレバーやうなぎ、青魚や卵。肌のターンオーバーを整えるビタミンB群は豚肉や大豆に多く含まれ、コラーゲンの生成に不可欠 なビタミンCはパプリカやゆずなどから摂れます。血行促進や抗酸化作用などを持つビタミンEはごまやナッツ類に含まれています。

・亜鉛
亜鉛は体にとって大切なミネラルに含まれ、肌だけでなく髪や爪の健康を維持するためにも必要な栄養素です。不足すると皮膚炎や湿しんなどを引き起こすこともあります。
亜鉛を多く含む食材は牡蠣やレバー、牛肉などです。

・オメガ3系脂肪酸
オメガ3系脂肪酸は体内で作れない不飽和脂肪酸のひとつで、セラミドを作る原料となるα-リノレン酸やDHAなどがあります。
アマニオイルやエゴマ油、青魚に多く含まれています。

 

乾燥肌対策には角質の保湿成分に必要な栄養を補うことが必要です。食事バランスを整えて正しい食習慣を意識することは健康維持にもつながるので、積極的に取り入れてみてください。

 寺井美佐栄 院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる