「剥がすタイプ」の毛穴パックが鼻のトラブル原因になるって本当?|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

「剥がすタイプ」の毛穴パックが鼻のトラブル原因になるって本当?

鼻に貼りつけて時間を置き、剥がすと角栓がゴッソリとれる毛穴パックは、一度やるとやみつきになりますよね。デート前日のケアやスペシャルケアとして行う方も多いでしょう。しかし、このような「剥がすタイプ」のパックを行うと、かえって肌トラブルが起こり、毛穴が目立つ原因になる可能性があるといわれています。
実際に毛穴パックにはどのようなリスクがあるのか、肌トラブルを防ぐ方法とあわせてチェックしてみましょう。





鼻の毛穴パックによるトラブルとは?

・乾燥しやすくなる
毛穴パックを剥がすときには、角栓と同時に肌表面の角質まで剥がれてしまうことがあります。本来肌の表面にあるべき角質がはがれると、肌のバリア機能が衰え、いつも以上に乾燥しやすくなるため注意が必要です。

・毛穴が開いたままになる
毛穴パックで角栓を取り除くと、角栓が詰まっていた毛穴がポッカリと開いたままになります。余計に毛穴が目立つようになるだけでなく、そこから化粧下地や雑菌が侵入し、黒ずみや炎症を引き起こす恐れがあります。

・かえって角栓ができやすくなる
毛穴パックによって皮膚が傷つけられると、肌の修復を早めるために皮脂の分泌が過剰になります。また、肌の防御反応が働くことで、角質が厚くなります。この結果、かえって肌が硬くなり、角栓もできやすくなってしまうのです。

肌トラブルを防ぐ対策方法

・剥がすタイプのパックを使用しない
肌トラブルを避けるためには、剥がすタイプの毛穴パックの使用を避けることをお勧めします。毛穴ケアを行いたいときには、クレイパックなどの洗い流すタイプのパックを使用しましょう。

・使用頻度を守る
どうしても剥がすタイプの毛穴パックを使用したいという場合は、使用頻度を守ることが大切です。肌のターンオーバーの周期は約28~56日間ですから、1~2ヶ月に1回程度の頻度に留めましょう。

・蒸しタオルで毛穴を開かせてからパックをする
毛穴パックを使用する際は、事前に鼻に蒸しタオルを当て、毛穴を開かせてからパックしましょう。毛穴が開くことで角栓が除去しやすくなるため、毛穴パックをむやみにくり返す必要がなくなります。

・パック後は十分に保湿する
毛穴パック後は毛穴がポッカリと開いているうえに、とても乾燥した状態になっています。まずは冷水や収れん化粧水などで毛穴を引き締めてから、いつも以上にしっかりと保湿ケアをしましょう。

毛穴の角栓を作らないためには、日頃の洗顔や保湿方法を見直すことも大切です。パックで無理に剥がすのではなく、地道なケアでクリアな毛穴を目指していきましょう。

 後藤 瞳医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる