脂肪じゃなかった!? 二重あごを作る「肌のたるみ」の原因と解消法|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

脂肪じゃなかった!? 二重あごを作る「肌のたるみ」の原因と解消法

二重あごは「肥満が原因でできるもの」と思われがちです。しかし実は、肌のたるみも二重あごを生む原因になります。
二重あごと肌のたるみにはどのような関係があるのか、原因や解消法とあわせて探ってみましょう。






肌のたるみと二重あごの関係とは?

鏡を見たときに二重あごになっていると「太って脂肪がついた!?」と焦ってしまいますよね。しかし、脂肪がついていなくても、肌のたるみが原因で二重あごになることがあります。フェイスラインの皮膚が下に引っ張られることであご下にたるみができ、二重あごになってしまうのです。

あごのたるみを作る原因とは?

・筋肉の衰え
唇の下からあご先に伸びているオトガイ筋が衰えると、あごにたるみが生じやすくなります。この筋肉が衰えると、その上にある皮膚が支えられなくなったり、あご周りの代謝が悪くなったりしてたるみやすくなるのです。

・悪い姿勢
普段の姿勢が悪い人も、あごがたるんで二重あごになりやすくなります。猫背などの前傾姿勢になっていると、あごの筋肉がゆるみ、たるみにつながってしまうのです。

・むくみ
「むくみは一時的なもので、肌に大した影響はない」と思われがちですが、実はたるみを作る原因になります。むくむと皮膚が伸びたり、リンパの流れが悪くなったりすることで代謝が低下し、たるみを引き起こしてしまうのです。

たるみと二重あごの解消法

・フェイスエクササイズをする
あご周りの筋肉を鍛えることで、肌のたるみによる二重あごをスッキリさせることができます。以下のようなエクササイズを行って、普段あまり使われない筋肉をしっかり動かしましょう。

① 姿勢を正してから、顔を真上に向ける
② 1の体勢のまま「あ・い・う・え・お」と発音しながら口を大きく動かす
③ 舌を真上に突き出して10秒キープ
※あご周りの筋肉を意識しながら行いましょう。

・いい姿勢を心掛ける
普段の姿勢を良くするだけでも、あごのたるみを防ぐ効果が期待できます。あごを前に突き出すのではなく、姿勢を伸ばしてからあごを引き、胸を軽く開いた姿勢を保つようにしましょう。左右の肩甲骨を寄せることを意識すると、自然と良い姿勢が保てます。

・むくみ対策をする
塩分やアルコールを摂取しすぎたり、血行が悪くなったりすると顔がむくんであごのたるみにつながってしまいます。
味が濃いものやお酒を控えめにするとともに、適度な運動や入浴で血行を促し、日頃からむくみを防ぐようにしましょう。

二重あごが解消されフェイスラインがスッキリすると、不思議と全身がスタイルアップしたように見えるもの。理想的な見た目を維持するためにも、今回ご紹介したケアを取り入れて二重あごを防ぎましょう。

 笠井美貴子 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる