授乳をするとバストが垂れる!? 理由と今すぐできる予防方法|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

授乳をするとバストが垂れる!? 理由と今すぐできる予防方法

個人差はありますが、妊娠中はバストのサイズが平均で2カップもアップするといわれています。しかし、その後の授乳を機に「バストが一気に垂れてしまった……」と悩む女性も多いもの。
授乳とバストの下垂にはどんな関係があるのでしょうか。今回は、授乳によってバストが垂れる理由を、予防方法とあわせてご紹介いたします。





授乳によってバストが垂れる理由とは?

・乳房の皮膚が伸びるため
妊娠中から産後にかけて大きくなった乳房は、授乳のたびに大きくなったり小さくなったりを繰り返します。乳房が大小するのとともに皮膚も伸びるため、重力によって下に引っ張られ、垂れた状態になってしまうのです。

・授乳のときの姿勢が悪い
授乳のときはつい背中を丸めがちですが、このように猫背の体勢ばかりをとっているとバストに大きな負荷がかかり、垂れてしまうことがあります。また、赤ちゃんに乳首を引っ張られることもバストが垂れる原因になります。

授乳によるバストの垂れを防ぐ方法

・バストに合ったブラジャーをつける
授乳中はバストが張るため、「サイズが大きくて着け心地が楽なブラジャーを選ぶ」という女性が多いもの。しかし、自分のバストサイズに合った適切なブラジャーを着けていないことも、バストに大きな負荷を与え、下垂を招く原因になります。
たとえ授乳中であっても、適度にバストをホールドしてくれるブラジャーを身に着けることが大切です。きちんとサイズを測り直した上で、ノンワイヤーでもきちんと補正してくれる授乳ブラを着用しましょう。

・授乳中の姿勢を改善する
授乳中はできるだけ姿勢をまっすぐ正して、猫背にならないように注意しましょう。赤ちゃんが低い位置にいると前かがみになりやすいので、クッションや枕などを利用して少し高い位置で抱っこすることをお勧めします。

・大胸筋を鍛える
バストの土台である大胸筋を鍛えることで、バストの下垂を防ぐことができます。胸の前で手のひらを合わせる合掌のポーズを15秒×1日5~10回ほど行うと効果的です。

・バストの保湿ケアをする
バストが乾燥していると弾力がなくなり、下垂や肉割れの原因になってしまいます。お風呂上がりにはボディミルクやクリームなどで保湿ケアをして、肌を柔らかい状態に整えておきましょう。

・一気に卒乳させない
授乳を突然やめると、発達していた乳腺が一気にしぼみ、バストの下垂を招いてしまいます。卒乳するときには突然授乳を辞めるのではなく、徐々に量を減らしていくようにコントロールしましょう。

 

女性であれば、できるだけ長くハリのあるバストをキープしていたいもの。ママになってからも女性としての自信を失わないために、できることから対策していきましょう。

 佐藤美 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる