ストレスが「目の周りの痙攣」を引き起こす! その理由と対策方法|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

ストレスが「目の周りの痙攣」を引き起こす! その理由と対策方法

長期に渡って続く目の周りの痙攣は、眼瞼(がんけん)ミオキミアや片側顔面痙攣などの病気が原因だと考えられます。しかし一時的な痙攣の場合は、ストレスや疲れが原因であることが多いようです。
では、なぜストレスが目の周りの痙攣を引き起こすのか、対策方法とあわせてチェックしてみましょう。









ストレスが目の周りの痙攣を引き起こす理由

過度のストレスを受けると、顔の筋肉を動かしている顔面神経が興奮します。すると無意識のうちに筋肉が動いてしまい、目の周り(まぶた)の痙攣にもつながってしまうのです。また、血流障害が原因で疲労物質がたまることも、痙攣の一因になります。
なお、ストレスによる目の周りの痙攣は、女性に多いといわれています。人によっては目の周りだけでなく片方の口角がピクピクと動いてしまうことも。以下のような対策で、痙攣を未然に防いでいきましょう。

ストレスによる目の周りの痙攣を防ぐための対策方法6つ

① ストレス源から身を離す
痙攣の原因となるストレスを溜めないためには、まずストレス源から身を離すことが大切です。苦手な人がいるなら適度に距離を置く、オーバーワークや睡眠不足はなるべく避けるなどして、ストレスが溜まる前の対策を立てていきましょう。

② ストレス解消法を見つける
それでもストレスが溜まってしまった時は、自分の好きなことをして発散しましょう。気の合う仲間と楽しく話をする、適度な運動で汗をかくなど、自分に合ったストレス解消法を見つけることが、結果的に痙攣の予防につながります。

③ カフェインを摂り過ぎない
カフェインは神経を高ぶらせるため、過剰に摂取すると目の周りの痙攣を招くことがあります。カフェインを多く含むコーヒーや紅茶、緑茶などの過剰摂取は控えるようにしましょう。

④ 目を休ませる
眼精疲労も目の周りの痙攣原因になりますから、仕事中などは休憩を挟んだりして、目を十分に休ませましょう。ホットタオルやアイマスクで目元を温めたり、遠くの景色を見たりして、目の疲れを和らげることが大切です。

⑤ 睡眠をしっかりとる
睡眠をしっかりとることで身体や神経が休まり、目元の痙攣を抑えることができます。なお、スマートフォンやPC、テレビなどから発せられるブルーライトには覚醒作用があります。睡眠の質を高めるために、就寝前はこれらを見ないようにしましょう。

⑥ クリニックを受診する
痙攣が続いたり、目元に違和感があったりする場合は、早めにクリニックを受診しましょう。特に痙攣が長く続いている場合は、病気が原因の可能性があります。決して放置せずに、早めの治療で改善を目指しましょう。

健康的な目元を保つために、できるだけストレスや疲れを溜めない生活を心がけることが大切です。また、目の周りの痙攣がなかなか治まらない場合は自己判断せずに医師の診察を受けるようにしてください。

 徳永真理 院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる