目元のトラブルがオバサン顔を作る? 「たるみ」と「クマ」の違いとは|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

目元のトラブルがオバサン顔を作る? 「たるみ」と「クマ」の違いとは

目の下の「たるみ」や「クマ」はオバサン顔の原因となり、女性にとっての大敵ですよね。一見似ている「たるみ」と「クマ」ですが、これらは全く別の症状で、発生する原因やケア方法にも違いがあります。
たるみとクマには具体的にどのような違いがあるのか、見分ける方法とケア方法をあわせてご紹介します。






目の下にできる「たるみ」と「クマ」の違いとは?

・「たるみ」は筋肉の衰えや紫外線が原因
たるみは、皮膚が下垂することで発生します。目元にたるみが起こると黒い影ができるので「黒クマ」とも呼ばれますが、実際には皮膚のたるみなのです。
たるみは目の周りの筋肉の衰えや、紫外線による光老化(コラーゲンの減少など)によって発生するもの。目にボコボコとした凹凸があったり、目元がくぼんでいたりという場合にはたるみによって黒くみえているということを覚えておきましょう。

・「クマ」は色素沈着や血行不良が原因
クマは大きく分けて2種類あり、原因もそれぞれ違います。
まず皮膚が茶色くくすんで見える「茶クマ」は、過剰なメラニンによる色素沈着が原因です。目元を強くこすっていると、皮膚の防御反応によって茶クマができやすくなります。
そして、目の下が青く見える「青クマ」は、血行不良が主な原因です。体の冷えや凝り、睡眠不足などで発生します。

たるみ? クマ? 見分けるためのチェック方法

鏡を見ながら下まぶたの目尻側に指を当てて、皮膚を軽く横に引っ張ってみましょう。このとき影が見えなくなったら、目元にあったのはたるみです。
しかし、指で引っ張ってもくすみが消えない場合は、クマができていると言えるでしょう。さらに、くすみの色が茶色ければ茶クマ、青みががっていれば青クマと判断できます。

たるみ・クマの対策方法とは?

・たるみの対策法「眼輪筋を鍛える」
目の周りの筋肉=眼輪筋(がんりんきん)を鍛えることで、たるみの発生を防ぐことができます。まぶたを大きく開いたり閉じたりする動作を5秒ずつ繰り返したり、下まぶたを引き上げるように目を細めて10秒ほどキープすると効果的です。

・クマの対策法「茶クマには保湿ケア」
茶クマの原因はメラニンによる色素沈着なので、保湿ケアをしてメラニンの排出を促すのがポイント。保湿効果の高いアイクリームでのケアがお勧めです。

・クマの対策法「青クマには血行改善」
青クマをケアするためには、血行を良くすることが大切です。朝に青クマを発見した場合には、蒸しタオルやリンパマッサージなどで血行を促しましょう。また、全身の血行を促すためにも、日中に肩回しなどのエクササイズも取り入れましょう。

 

たるみとクマの違いや、クマの種類の見分けがつくようになると、より効果的な対策を取り入れることができます。自分の目元トラブルはどのタイプなのかをしっかりとチェックして、オバサン顔を防ぎましょう。

 笠井美貴子 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる