消えにくい「火傷の跡」を残さないための応急対処法 |レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

消えにくい「火傷の跡」を残さないための応急対処法

どんなに気を付けていても、ふとしたときに起きてしまう火傷。火傷の跡が残ってしまうと、自然に消えるまでにはかなりの時間を要してしまいます。そんな跡を残さないためには、火傷をした直後の対処を正しく行うことが大切です。
ではどのような対処をすれば良いのか、もしもの時のために詳しくチェックしておきましょう。





火傷の跡を残さないための応急処置方法

・まずは冷やす
火傷をしたら、まずはすぐに患部を冷やしましょう。冷やすことで火傷の進行を食い止め、痛みや跡が残るのを防ぐことができます。水道水を洗面器などに溜めて患部を中に入れ、そのまま15~30分冷やし続けましょう。水道水を当てにくい場合は、氷のうや氷水で冷やしたタオルを使用するのがお勧めです。ただし気温の低い冬場は、極度に冷やしすぎると凍傷や低温症になる恐れがあります。水道水を当てる時間を短縮したり、体温が下がりすぎたりしないように様子を見ながら冷やすことが大切です。
また、服で覆われた部分に火傷をした場合は、服を慌てて脱ぐと皮膚がはがれてしまう危険性があります。この場合は服の上から水をかけ、十分に冷やしてからゆっくり脱ぐようにしましょう。

・水ぶくれは破らない
水ぶくれは傷口を守るためにできるものなので、破らないようにしましょう。無理に破くとそこから雑菌が入り、症状が悪化してしまうので注意が必要です。また、水ぶくれができる火傷は「II度熱傷」といわれ、損傷が皮膚の深くにまで及んでいます。小さなものであれば自宅で経過を見て構いませんが、大きなものであればすぐに病院に行くことをお勧めします。

・清潔なガーゼで保護する
水ぶくれができた場合は、清潔なカーゼで覆って患部を保護しましょう。自然に水ぶくれが破けた場合も一度流水ですすぎ、その上からカーゼで覆っておくことが大切です。繰り返しになりますが、患部が大きく痛みが激しい場合は速やかに病院へ行き、適切な治療を受けてくださいね。

・肌を修復する栄養素を摂る
できてしまった火傷を修復するためには、十分な栄養を摂ることが大切です。インスタント食品などの偏った食事は避けて、タンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランス良く摂る食事を心掛けましょう。とくにビタミンCは皮膚の再生を促して火傷跡の色素沈着を防いでくれる成分なので、積極的に摂りましょう。ビタミンCを多く含む食べ物は、パプリカやキャベツ、ブロッコリー、柑橘類、いちご、キウイなどです。

 

火傷をした直後は誰もが慌ててしまうものですが、跡を残さないためには落ち着いてすぐに適切な対処にうつることが肝心です。もしもの時に備えてガーゼや氷のうなどを用意しておき、いつでも応急処置ができるよう事前に準備をしておきましょう。

 寺井美佐栄 院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる