寝相でバストダウンする? 「バストアップ」に良い寝方とは|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

寝相でバストダウンする? 「バストアップ」に良い寝方とは

バストアップをはかるために、様々なエクササイズやマッサージを取り入れたり、食事など生活習慣に気を使ったりしているという女性も多いはず。さまざまなバストケア方法がありますが、そのなかに「寝相」も含まれていることをご存知でしょうか?
寝相がバストにとって悪影響なものだと、最悪の場合サイズダウンしてしまうこともあるのです。どんな寝相がいいのかを知り、効率的にバストアップを目指しましょう!






うつぶせ寝が習慣の人は要注意?

体の前側が温まりやすく、安心感のあるうつぶせ寝ですが、実はバストに与える負担が大きい体制です。うつぶせに寝ることで上半身の重みがバストにかかり、寝ている間中その負荷がかかり具付けます。バストの脂肪や皮膚が潰れた状態が続き、形が崩れてしまう原因になることがあるのです。また、バストに体重がかかることでバスト周辺の血行が悪くなり、バストに十分な栄養が行き届かなくなります。栄養が行きわたらないことでふっくらとしたまるみや柔らかい脂肪をキープできなくなり、結果下垂した小さいバストに変化してしまうことも……。

「仰向けで寝る」がバストにとって良い?

バストに負担をかけない寝方は、「仰向け」だと言われています。体重に圧迫されることがなく、血行もスムーズに流れるためバストに余計な負担がかからないのです。仰向けで寝ていても重力が働いていますが、圧力はかからないのでバストにはほとんどダメージがかかりません。睡眠中の寝相を意識的に変えるのは難しいので、まずは寝始めの体制を仰向けに統一してみると良いかもしれませんね。

横向きで寝るのはOK?NG?

仰向け同様、安心する体制だからと横向きで眠る女性も多いはず。横向きの寝方はバストを圧迫するということはなく、血流を妨げる心配もほとんどいりません。しかし、横向きになると、バストはどうしても重力の働きで下方向へ下がります。バストダウンに繋がることはありませんが、下垂を引き起こしてしまう可能性があるので、バストにとってノーダメージではないことを覚えておきましょう。

バストを守るなら「睡眠時用のブラ」が必須!

締め付けがいやだと寝るときはノーブラという女性も多いですが、実はこれも形崩れの原因となります。人間は睡眠中に無意識に寝返りを打ってしまうので、いくら意識をしていても多少はバストに負荷を与えてしまうのです。バストが大きく動かないようにするためには、ナイト用のブラの着用は必須です。ワイヤー入りのものだと血流の妨げになってしまうこともあるので、できれば睡眠時用のブラを着用することをお勧めします。もしくはノンワイヤーでもしっかりホールドしてくれるものを選ぶといいでしょう。購入前にはしっかりと試着をして、バストにフィットすることを確認してくださいね!

 

流動性で柔らかいバストの脂肪や皮膚は、小さなダメージも蓄積させてしまいます。ふっくらとした上向きのバストを維持するためにも、睡眠時のバストケア対策も万全にしておきましょう!

 佐藤美 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる