保湿後のベタつきを防ぐ! 夏のスキンケアポイント|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

保湿後のベタつきを防ぐ! 夏のスキンケアポイント

夏の肌は皮脂や汗の分泌が多くなって、どうしてもベタつきがち。しかし、その肌の状態を「潤っている」と勘違して保湿を怠ってしまうと、乾燥やニキビなどの肌トラブルを自ら招くことになってしまいます。夏の肌にも必要な保湿の重要性を知って、ベタつきを防ぐスキンケア方法を取り入れましょう。






夏の肌はベタつくのに乾燥している!?

夏の肌はベタつきがちですが、意外と肌の内部は乾燥しています。肌の表面は皮脂や汗でテカっていても、肌の内部はエアコンの風などで乾燥し、水分量が減少しているのです。そのまま放置していると「インナードライ」が進行し、肌トラブルが起こりやすい状態になってしまいます。トラブル知らずの健やかな肌を作るためには、夏であっても保湿ケアを行うことが大切なのです。

保湿後のベタつきを緩和するスキンケアポイント

保湿のケアが重要とはいえ、冬と同じような保湿をしてしまうと、皮脂や汗とは違ったベタつきが生じてしまいますよね。肌を潤わせるためには仕方がないことですが、保湿後のベタつきは気になってしまいます。さらに、肌がベタついたままメイクをしてしまうと、化粧崩れの原因にもなってしまいます。夏でも快適に保湿ケアをしながら、ベタつきを緩和するスキンケア方法を詳しく探ってみましょう。

・油分の少ない化粧品を使う

夏は皮脂の分泌量が増えるので、油分が多い化粧品を重ねるとベタつきやニキビの原因になります。冬の間に使っていた「しっとり系」の化粧品は一時中断して、油分の少ない「さっぱり系」のアイテムを使うようにしましょう。肌の潤いが足りないと感じた場合には化粧水の重ね塗りをするか、美容液をプラスすることをお勧めします。

・化粧品を2回に分けてつける

化粧品の重ね塗りを重く感じるという方には、スキンケアを2回に分けて行う方法がオススメです。まずは洗顔直後にスキンケアを行い、10~20分経って肌表面のベタつきが収まってきたら、もう1回化粧品を重ねましょう。時間を少し空けることで、乾燥とベタつきの両方を防ぐ保湿ケアが可能になります。

・乳液やクリームは手のひらに伸ばしてからつける

ベタつきがちな乳液やクリームは、一度手のひらに伸ばしてからハンドプレスで肌に塗っていきましょう。手のひらで温めてからつけることで浸透力が高まり、直接つけるよりもベタつきを抑えることができます。

・温冷タオルで顔のほてりを取る

顔がほてって皮脂や汗が出てしまうという場合には、温冷タオルを使ったケアをしていきましょう。まず、洗顔後の顔に蒸しタオルを2~3分乗せて、血行を促します。そのあと、氷水で冷やしたタオルを2~3分乗せて、毛穴を引き締めましょう。(暑いときや、すでに顔がほてっているときは、蒸しタオルを使わなくてもOKです。)ほてりが抑えられることで化粧品の吸収率が高まるため、ベタつきの軽減へとつなげることができますよ。

夏の肌は、紫外線やエアコンなどさまざまな刺激にさらされています。自分の肌をしっかりと守っていくためにも、朝晩のスキンケアにこだわって、健やかな肌キープを目指しましょう。

 徳永真理 院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる