冬の乾燥から髪を守るために意識したいこと|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

冬の乾燥から髪を守るために意識したいこと

外は冷たい風が吹き、室内はエアコンなどで空気が乾燥しがちなこれからの季節。顔やボディの肌の保湿は意識してしっかりと対策する方も多いと思いますが、髪についてはどうでしょうか?

乾燥した空気にさらされてうるおいを失いがちなのは髪や頭皮も同じ。冬の髪はパサついたり切れやすくなったりしがちです。

今回は、「頭髪外来」を設けている美容皮膚科 シロノクリニック銀座 徳永真理院長が、冬の乾燥から髪を守るための方法をお伝えします。

乾燥は髪のダメージを進行させる!

健康な髪は12~13%の水分を保持しているもの。ところが、さまざまな要因でこの水分量が7%以下になってしまうと、髪の表面のキューティクルが乾燥して剥がれてしまいます。これが髪のパサつきや切れ毛、枝毛などの原因です。

その上、キューティクルが剥がれた部分からは、髪の内部の水分や天然保湿因子が流れ出てしまいます。これによってますます乾燥が進み、髪のダメージが進行してしまうという悪循環が起きてしまうのです。

冬の乾燥から髪と頭皮を守るために

つまり、髪のダメージを予防して美髪を保つには、髪を乾燥させないための対策が重要だということです。
冬の髪を乾燥から守るためには、以下のようなことに注意しましょう。

・帽子やスカーフで乾燥対策
冬の冷たい風やエアコンの風などが直接当たることは髪や頭皮を乾燥させる原因になります。外出時は帽子をかぶったりスカーフを巻いたりすることで髪と頭皮を乾燥から守るよう意識しましょう。

・ブラッシングは静電気に注意
空気が乾燥している冬は、ブラッシングで静電気が起きやすい季節です。静電気は髪に直接ダメージを与えるだけでなく、ホコリを吸寄せる原因にもなります。ブラシはナイロン素材のものではなく天然素材のものを使うようにしたり、ブラッシング前にミストなどで軽く水分を補ったりすることで、静電気が起きないように心掛けましょう。

・シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす
ドライヤーは髪や頭皮を乾燥させるイメージがあるかもしれませんが、自然乾燥や生乾きの状態の方が乾燥させる原因になります。髪が濡れている状態のままドライヤーで一気に乾かすことで、水分を髪の内部に閉じ込めるイメージです。ドライヤーは根元を中心に、一ヵ所に温風を当て続けないようにして手早く乾かしましょう。

乾燥がひどい時には、洗い流すトリートメントと、洗い流さないトリートメントを併用したり、洗い流さないトリートメントを塗った後に蒸しタオルで髪を巻いて浸透させるのも効果的です。 乾燥するこれからの季節、肌だけでなく髪の乾燥対策も万全にしておきたいですね。

徳永真理 院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる