あなたのクセが原因に? まぶたのたるみを招く習慣とは|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

あなたのクセが原因に? まぶたのたるみを招く習慣とは

パッチリとした目元は、顔全体を若々しく明るい印象にしてくれます。しかし、まぶたがたるむと途端にぼんやりした印象になり、目のサイズすら小さく見えてしまいます。
どうしてまぶたにたるみが発生してしまうのか、私たちの生活習慣から原因を探ってみましょう。

まぶたのたるみを引き起こす5つの習慣と対策

≪1.目元を強くこする≫
目がかゆくなると、つい目元を強くこすってしまうもの。しかしこする行為をくり返していると、まぶたの皮膚が伸びてたるみが生じてしまいます。
花粉やダニなどにアレルギー反応を起こしてしまうなら、かゆみを抑える目薬をさし、日中はメガネをかけて目に入る異物を遮りましょう。「かゆい」と思う前に対策することが大切です。

≪2.眉毛を抜いている≫
眉のムダ毛を毛抜きで抜いていると、まぶたが引っ張られて皮膚が伸びてしまいます。1回1回は大したダメージではないのですが、日常的にくり返しているとダメージが蓄積され、まぶたがたるんでしまうのです。まぶたにダメージを与えないために、眉毛はカミソリや電気シェーバーで処理するようにしましょう。

≪3.目を酷使している≫
職場ではパソコン、家ではスマートフォンと、1日中目を酷使していると慢性的な眼精疲労になってしまいます。眼精疲労は目周りの筋肉を凝り固まらせて、老廃物を溜まりやすくします。その結果、目周りの皮膚の代謝が落ちて、まぶたのたるみに繋がってしまうのです。
また、眼精疲労はまぶただけでなく、目尻や目の下のしわの原因にもなります。
職場では休憩をこまめに挟み、スマートフォンを見る時間を減らして、目の疲れを溜めないように心掛けましょう。

≪4.むくみをくり返している≫
「朝起きたら、まぶたがパンパン……」そんな目元のむくみも、まぶたのたるみを招きます。1度のむくみならダメージは残りませんが、むくみをくり返していると徐々に皮膚が伸びて、まぶたがたるみっぱなしになってしまうのです。
むくみによるリスクを避けるためには、まず目元のむくみを発生させないことが大切です。前日に泣いたまま寝ないこと、塩分やアルコールを摂り過ぎないことを心掛けて、スッキリとした目元をキープしましょう。
なお、目元がむくんでしまった時は、温かいタオルと冷たいタオルを交互に当てて血行を促進し、早めにむくみを解消しておきましょう。

≪5.まぶたに負担を与えるアイメイク≫
アイメイクの時、アイシャドウのチップでまぶたを強くこすったり、まぶたを強引にひっぱってアイライナーを引いたりしていませんか?このような方法でまぶたに負担を与えていると、まぶたが徐々にたるんでいってしまいます。
アイメイクはもともと目元の皮膚に負担を与える行為です。しかし目元をパッチリ見せたい女性にとって、アイメイクは欠かせないもの。メイクをする時はできるだけこすらずに優しく行い、目元の皮膚に負担を与えないようにしましょう。
また、アイメイクを落とす時も、綿棒やコットンで優しく丁寧に落としましょう。

毎日の小さな心掛けが、まぶたのたるみ防止に繋がります。
当てはまるものがあった場合は、今日からでも方法を見直してみましょう。

 佐藤美 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる