見落としがちな手や腕のシミ(しみ)解消テクニック|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

見落としがちな手や腕のシミ解消テクニック

気がついたら手や腕にシミがたくさんあり「いつの間に?」と驚いたことはありませんか?
人前に手を出したり、薄着のときに腕を出たりすると見えるシミはなんとか解消したいものです。
今回は手と腕にできるシミの予防とケア方法についてご紹介します。

手や腕にシミができる原因

顔にシミができるのと同じように、手や腕にシミができる第一の原因は紫外線です。顔にはしっかり日焼け止めを塗っているのに、手や腕にはサッと軽く塗る程度にしていませんか?自転車に乗ったり車を運転したりすると、どうしても手と腕に紫外線を浴びてしまいます。手と腕も顔と同じ皮膚であり顔より紫外線を浴びやすいので、顔と同じように紫外線対策をする必要があるのです。

そしてもう1つの原因が摩擦などによる刺激です。肌は紫外線や摩擦によって刺激を受けるとメラノサイトを活性させ、これによってメラニンが生成されてシミになります。
刺激を感じる繊維を使った洋服を着たり、毛糸の手袋をつけたりすると手や腕が痒くなることがあります。
この刺激を手や腕に受けるによって知らず知らずのうちにシミができるのです。

手や腕のケア方法

ハリとツヤのある美しい手と腕を保つためには次のケア方法がお勧めです。

【顔と同じようにケアする】
手や腕のシミを予防するには、顔と同じように扱い、スキンケアをすることがとても大切です。

入浴の際にはゴシゴシ洗わず、しっかり泡立てた柔らかいボディータオルで優しく汚れを落としましょう。
お風呂上がりには美白効果のあるボディークリームやハンドクリームでマッサージしながら保湿をすると効果的です。
外出時は手と腕にしっかり日焼け止めを塗り、汗をかいたら塗り直して常に紫外線から守るようにします。
また、冬場であっても紫外線は降り注いでいるため、油断せずにグローブや日傘も併用してしっかり紫外線を予防しましょう。

手や腕は自分が思っているより人から見られている部分です。
顔と同じくらい優しくケアして美しい状態を保ちましょう。

刺激を受ける服は身につけない

身に付けたときにきつい、かゆい、痛い、と感じる洋服や手袋の着用はやめましょう。
特に気をつけるべきは「かゆみ」です。
かゆくて掻いてしまうと、それが刺激となって肌を痛めます。
掻いて皮がむけて血が出てしまうと、傷になり色素沈着を起こしてシミとなってしまいます。

肌に一番優しいのは綿の洋服です。毛羽立ちが少なく、汗をしっかり吸い、肌あたりが柔らかいので、肌着などは綿を選ぶといいでしょう。

生活リズムを整える

栄養の偏り、寝不足、運動不足、ストレス、などの生活リズムの乱れは体内の活性酸素を増やし、シミを作る原因となります。野菜中心の栄養バランスが整った食事を心掛け、適度な運動と、質の良い睡眠を取るようにしましょう。また、ストレスを感じたら適度に発散するよう心掛け、体にストレスを溜めこまないことも大切です。健康と美容を気遣う生活によって手や腕の肌状態が整い、シミを作りにくい状態に変えていきます。

手と腕には年齢が出る

手が荒れていたり腕がザラザラしたりというトラブルがあると、実年齢よりも老けて感じるものです。手と腕のシミもこれと同じように、他人から見ると年齢を感じさせてしまいます。
シミは日々の努力で防ぐことができます。いつまでも若々しくハリのある手と腕のために早速ケアを始めましょう。

 徳永真理 院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる