秋の夜長に意識したい「体内時計」リセット法|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

秋の夜長に意識したい「体内時計」リセット法

過ごしやすい日が続いていますが、読書やテレビ、インターネットでついつい夜更かしをし、一日のリズムが崩れていませんか? 睡眠時間が不規則になると体内時計が狂い、さまざまな悪影響が出てくるかもしれません。
ここでは体内時計の役割と狂った体内時計のリセット法についてご紹介します。

体内時計とは

人は体内時計があることで、朝に目を覚まして栄養補給の準備をし、脈拍や血圧など一日活動するための準備をします。
また、夜は分泌されるホルモンによってリラックスし眠くなります。この「朝起きて、昼に活動、夜眠る」というサイクルに伴う生理現象を「概日リズム」といいます。これが体内時計です。

体内時計はどうして狂うのか

体内時計は、人間の目の奥にあるわずか1㎜ほどの視交叉上核(しこうさじょうかく)という神経細胞の集まった核が大きく影響しています。約20,000の神経細胞が24時間のリズムを作り出し、覚醒、体温、血圧、ホルモン分泌、睡眠などを切り替えているのです。
体内時計は目の奥にある神経に管理されているため、光の影響を大きく受けます。通常、朝に太陽の強い光を受けることで、体が働く準備をしてくれますが、夜に本来ないはずの光を受けることで体内時計は狂ってしまうのです。

体内時計を調節するホルモン

体内時計は「メラトニン」というホルモンによって調整されています。
メラトニンは「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、覚醒と睡眠を切り替えています。
朝に光を浴びると体内時計がリセットされて針が進み、活動状態になります。それと同時にメラトニンの分泌が止まり、目覚めてから14~16時間後に再び分泌されて体温を低下させ、眠気を誘うのです。
メラトニンは新陳代謝を促し、疲れを取ったり病気を予防するなどさまざまな効果があります。

狂った体内時計の影響

体内時計が狂うと起きる症状に「睡眠相互後退症候群」があります。これは、生活リズムが不規則な人がなりやすく、睡眠時間が大きく後ろにずれ、寝ようとしても寝付けずに朝起きるのも辛くなります。この状態は不眠症を引き起こし、自律神経のリズムも乱れてしまいます。やがて倦怠感に疲労感を感じやすくなり、うつ病になりやすくなります。

特に以下に当てはまる人は注意が必要です。
・就寝時刻が遅く、ばらつきがある
・起床時間が遅く、ばらつきがある
・生活リズムが比較的自由な職業の方(学生・フリーター・自営業)
・日勤と夜勤の両方の勤務帯で働く方
・睡眠時間は適度にあるが質が悪く、不満がある

体内時計を狂わせないために

体内時計を正常に保つために、気を付けたいことをご紹介します。

  • ・起床したら日の光を浴びる(14時間後にはメラトニン分泌が始まるため10時までに日の光を浴びるとよいでしょう)
  • ・一度、睡眠時間が後ろにずれても同じ時間に起きるようにする
  • ・朝食をよく噛んで食べる
  • ・日中、適度に体を動かす
  • ・カフェインは就寝4時間前までにして控える
  • ・就寝2・3時間前までに食事とお風呂を済ませる
  • ・就寝前のパソコン、スマホ、テレビは控える
  • ・寝る部屋は暗くする

以上のことに注意することで、体内時計のずれを改善できるでしょう。

 

パソコンやスマホのブルーライトは刺激がつよく、メラトニンの分泌がされにくくなってしまいます。光の刺激は体内時計に大きな影響を与えてしまうので、夜はできるだけ光の刺激を少なくし、自然に眠れるように生活リズムを一定にすることが大切です。

 中川桂 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる