肌は夏のダメージを溜めている!? 秋に行う美肌ケア|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

肌は夏のダメージを溜めている!? 秋に行う美肌ケア

夏が終わるころ肌がごわごわしたりカサカサしたりなど、いつも似たような悩みを抱えませんか?
放っておくとその状態と一生付き合うことになるかもしれません。夏が終わった今こそ、入念に肌をいたわってあげなければいけません。

夏場に受ける肌のダメージ

紫外線を肌に受けるとメラニンが活発になります。
また紫外線が肌の真皮まで届くと、肌の水分量を減少させ細胞を作るためのコラーゲンまで破壊し、弾力やハリを失わせます。
紫外線から受けたダメージによって、古い肌の角質がはがれにくくなります。古い角質がそのまま残ると、肌のターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。

秋に抱える肌の悩み

夏場、肌にダメージを受けてしまった結果、秋に入ってから肌のゴワつきカサつきを感じた人は多くいるでしょう。それは夏のダメージに対抗するために肌の角質が厚くなっているからです。ゴワついた角質の中にはメラニンが含まれているため、肌がなかなかクリアにならないと感じたら角質ケアも考えてみましょう。また、シミ・ソバカスができやすい状態になっています。
また、秋は夏よりも乾燥しているため、水分量にも注意しなければなりません。

夏のダメージを取り除こう

・角質を薄くする
角質が厚くなっている肌は手入れしてもすぐ内側まで届きません。最初に角質を取り除くことが肝心です。しかし、角質を取り除こうと刺激の強い洗顔料やクレンジング剤を使ったりゴシゴシこするように洗顔したりしては、角質層を傷つけてしまう恐れがあります。洗顔の際にはしっかり洗顔料を泡立てて、撫でるように洗いましょう。

・保湿をする
角質が薄くなってきたら次は化粧水で潤いを与えましょう。潤った肌は、バリア機能も働きます。バリア機能は外部からの刺激を和らげ、ニキビ、吹き出物などの肌トラブルを予防します。
化粧水は浸透性の良い、軽い性質のものが良いでしょう。乾燥した肌に、まず化粧水の水分が浸透したら、セラミドなどの水分を逃がさない成分でフタをしましょう。

・皮脂膜の油分を補う
皮膚は皮脂で天然の保護膜をつくり、肌の水分を失わないようにできています。
しかし夏のダメージを受けた肌はこの機能も弱まっているため、基礎化粧品でしっかりフォローしましょう。
また秋は夏と比べ、皮脂分泌量も汗の量も減っているため、洗顔後には水分を失わないように乳液やクリームで肌に油分を与えることが大切です。油分を与えられることで肌は保湿されバリア機能も回復します。

・良質な睡眠をとる
すべてのスキンケアでいわれることですが、ストレスや睡眠不足は大敵です。スキンケアを行った後には、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

夏が終わり、もう強い紫外線がないからといって安心できるわけではありません。秋に入り、夏の間に受けたダメージをしっかり抜いてあげることで、肌の老化を防ぎ、潤いのある肌を維持できるようになります。この時期こそ入念にケアすることが大切なのです。

笠井美貴子 副院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる