夏こそ油断禁物! 夏に肌を乾燥させる3つの原因|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

夏こそ油断禁物! 夏に肌を乾燥させる3つの原因

「肌の乾燥といえば冬になるもの」というイメージがありますが、夏の時期であっても肌が乾燥してしまうことがあります。
夏だからといって油断をしていると肌を老化させることになってしまうため、そのようなことにならないよう、夏に肌を乾燥させてしまう原因についてしっかりと覚えておきましょう。

夏に肌を乾燥させる3つの原因

・エアコン

夏の時期はエアコンの効いた涼しい部屋の中にいる時間が長くなってしまうかと思いますが、エアコンの冷房は室温を下げるのと同時に室内の空気を乾燥させてしまいます。
またエアコンの吹き出し口から出る風に直接当たり続けると、だんだん皮膚の水分が失われていってしまいます。
これは扇風機の風にも同じことがいえるので、あまり室内で風に直接当たり続けないようにしましょう。

・体を洗う回数と洗い方

夏は汗をたくさんかくため、自然とシャワーやお風呂に入る回数が増えることになるかと思いますが、ここで注意が必要なのが体の洗い方です。
特に肌への刺激が強いナイロンタオルなどで1日に何度も体をゴシゴシと洗ってしまうと、その度に皮膚表面の皮脂が失われていくため、乾燥肌へと繋がってしまいます。
シャワーやお風呂に入る回数が増えること自体に問題はありませんが、体を洗う回数と洗い方には注意するようにしましょう。

・紫外線

夏の紫外線は非常にエネルギーの強い光であるため、肌の細胞を破壊してしまいます。
すると破壊された肌細胞を修復するために肌のターンオーバーが早まることになるのですが、そうなると細胞が不完全なままで作られてしまうため、角質層に上がってきた時に十分な機能を果たせなくなってしまいます。
不完全な角質層は水分保持力も弱いため、強い紫外線を受けることは日焼けやシミだけでなく、肌を乾燥させる原因にも繋がってしまうのです。

 

このように夏であってもさまざまな原因によって肌が乾燥してしまうため、夏の乾燥対策は意識して行っていく必要があります。
いずれの原因も完全に回避するのは難しいですが、できるだけ肌に悪影響が及ばないように注意しながら生活していきましょう。

 中川桂 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる