梅雨時に注意したい肌トラブルとケア方法|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

梅雨時に注意したい肌トラブルとケア方法

初夏が過ぎてやってくるのは梅雨シーズン。

暑すぎず寒すぎず、爽やかで過ごしやすかった初夏とは一変、ジメジメと湿度が高い日が増え、お天気の変化によって寒暖差も生じやすい時期になります。

そんな梅雨時の肌に起こりやすい肌トラブルとケア方法についてご紹介します。

①ニキビ

春先から引き続き皮脂の分泌が活発になり、汗をかくことも多い時期ですが、梅雨になると湿度が上がるため蒸発しづらくなります。肌の表面に汗が長く留まることで、ベタつきやすくなり、皮脂や汚れによる毛穴づまりが起きやすくなります。また、細菌が繁殖しやすく、ニキビもできやすくなる時期です。

毎日の丁寧な洗顔・クレンジングと十分な保湿に加え、定期的にピーリングなどの角質ケアを行って毛穴づまりを防ぐことが大切です。

②うっかり日焼け

雨や曇りの日が続く梅雨時は、良いお天気が続く初夏に比べて紫外線対策を油断しがちです。

でも、1年で最も日が長く太陽も高くなる6月は、真夏と同程度の紫外線が降り注いでいます。特に梅雨の合間の晴れの日などは7月、8月頃よりも紫外線量が多くなります。きちんと紫外線対策していないと「うっかり日焼け」を起こしてしまいます。

雨の日や曇りの日でも気を抜かず、きちんと日焼け止めを使用する習慣をつけましょう。もしもうっかり日焼けしてしまった場合には、冷やしてほてりを抑えてから十分な保湿ケアを行ってくださいね。

③くすみ

梅雨時に雨の日が続くと、日中でも気温が上がらず肌寒く感じることがあります。急に寒くなると、血管が収縮して血行不良が起こりやすくなります。血行が悪くなると顔色も悪くなり、さらにターンオーバーの乱れにもつながって、「くすみ」が起きやすくなってしまいます。

こうした梅雨時のくすみの対策としては、軽い運動や入浴などで全身の血行を促すことが効果的です。入浴後には優しくリンパマッサージを行うのも効果的です。

 

以上、梅雨時に起こりやすい肌トラブルと、その対処法などをご紹介しました。しっかりとケアして憂うつなシーズンを乗り切っていきましょう。

 寺井美佐栄 院長のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる