瞳だって乾燥する! 冬のドライアイ対策|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

瞳だって乾燥する! 冬のドライアイ対策

まだまだ空気が乾燥する季節が続きますね。
顔やボディの肌、髪などの保湿対策は心がけているという方でも、見落としがちなのが「瞳」の乾燥対策です。

涙の質や量が低下して目が乾燥してしまうドライアイ。
目を酷使することが大きな原因であることはおなじみですが、実は冬の空気の乾燥もドライアイの一因となることをご存じでしたか?

美容皮膚科 シロノクリニック横浜院 佐藤美医師が、冬のドライアイ対策についてのお伝えします。

涙の減少がドライアイを引き起こす

ドライアイは、近くのものをじっと見つめ続けたり、それによってまばたきの回数が少なくなってしまったりといったことによって涙の量が減ってしまうために起こります。

これに加えて、空気が乾燥する冬場は、目の表面から涙が蒸発しやすくなり、さらに乾燥しやすくなります。

涙の量が少なくなると、目の表面に傷がつきやすくなってしまいます。放っておくと目に違和感を感じたり、かゆみや充血などを引き起こす場合もあります。

冬のドライアイ対策

ドライアイを防ぐためには、できるだけ目を休ませて負担を減らすことが大切です。それに加えて、冬場は以下のようなことも心掛けましょう。

・室内を加湿する
空気の乾燥は、目を乾燥させる原因になります。冬は外気だけでなく、室内もエアコン暖房などで空気が乾燥しがちです。加湿器を使用するなどして、室内の湿度を保つようにしましょう。

・目に風が当たるのを避ける
目に寒風や暖房機器の温風などが直接当たると、目の乾燥を進めてしまいます。目に風が当たることを避けるようにしましょう。風の強い日はメガネやサングラスなどを活用するのも良いでしょう。

・ドライアイ用の目薬を常備する
お肌でも乾燥対策には保湿のスキンケアが大切なように、目の乾燥対策には目薬が役立ちます。
水分を保持する成分や目の疲れを改善する成分などを含む、ドライアイ専用の目薬を用法を守って使用するようにしましょう。

・目を温めて血行を良くする
蒸しタオルや目元用の温めるタイプのアイマスクなどで目元を温めて血行を良くすることで、ドライアイの症状が和らぎます。

ドライアイの症状が強い場合や、対策しても改善されず長く症状が続く場合は、眼科専門医を受診されることをお勧めします。

 佐藤美 医師のプロフィールはこちら

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる