シロノクリニックでは、さまざまな傷跡の症状に合わせた複数の治療法を蓄積しています。治療を組み合わせて解消していくため、傷跡の悩みはもう一生のものではなくなりました。 キレイに取り除くテクニックは、レーザー治療を専門で行ってきた当院だからこそ提供可能です。


また、オリジナルクリームによる表面麻酔や局所麻酔を用いた、安心安全性重視の「痛くない治療」を行っていますので、小さなお子さまでも安心して治療をお受けいただけます。

お腹が大きくなると、皮膚の内側の皮下脂肪が増えます。これにより、表皮がお腹の急激な成長に追いつけず、表面に裂けたような線が生じてしまう…これが妊娠線です。

皮下組織が裂けることで、赤紫の線状斑が腹部・ヒップ・バストなどに表れるのが特徴です。表皮に比べて皮下組織は、弾力性に欠け、すぐに裂けてしまいます。結果、血管やリンパ管の活動が遅れ、妊娠線が身体に残ってしまうのです。

男女問わず、腹部・ヒップ・太もも・ひざ裏などの柔軟性のない皮膚が引っ張られ、ひび割れたような筋が生じます。

急激な体重・身長の増減や過度なトレーニングで偏った負担をかけ続けると、筋肉の発達に皮膚がついていけず、表皮の所々が薄くなり、表面にしま模様の亀裂が表れるのが特徴です。ほとんどの場合、自然に消えることが無く、跡が残ってしまいます。

複数のレーザーを組み合わせて、伸びてしまった皮膚を収縮させて、症状を改善させる治療を行います。
熱の作用でコラーゲンの産生と皮下脂肪の分解を促進し、さらに皮膚の強力な引き締め作用を促すことで、妊娠線・肉割れを目立たなく解消していくことが可能です。

無料カウンセリング

ケロイドと火傷跡は、症状をみながら数種類のレーザーを組み合わせて段階的に治療を行う方法が、最も効果的な治療法です。治療内容に合うレーザーと経験豊富な医師による施術が重要。そのためには専門のクリニックが必須です。当院では、新型レーザー等治療機器を135台以上、症例数25万例以上を持つため、今までキレイに治せなかったケロイド・火傷跡を解消していくことが可能です。
また、オリジナルクリームによる表面麻酔や局部麻酔を用いた、安心安全性重視の「痛くない治療」を行ってますので、小さなお子さまでも安心して治療をお受けいただけます。

・自然治癒が無い
・健常組織へ染み出すように広がる
・ケガや熱傷などの直接的原因がなくても自然に出来ることがある
・出来やすい体質がある

ケロイドは、損傷を受けた後に発生する「赤みの強い盛り上がり」のことを言います。通常は、手術跡やニキビ跡などに発生しますが、何もなかった所に突然現れる特発性のケロイドもあります。


ケロイドと盛り上がりのある傷跡はよく似ていますが、最も大きな違いは、ケロイドの場合は損傷を受けていない健康な皮膚に発赤を認めることが多く、正常な皮膚組織の中にまで浸潤して広がっていき拡大変化を続ける特徴があります。また、ケロイドと肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)の見極めは専門医師でも迷うことがあるため、症例数豊富な医師による診断が最も重要です。


※手術による切除縫合は再発や悪化のリスクが高く、さらに拡大してしまう場合があるため、十分にお考えください。
シロノクリニックでは、ケロイドの性質をよく知る経験豊富な医師のみが治療を行います。
レーザーの出力調整は高い技術と経験が必要です。レーザー専門のクリニックだからこそ、安心の技術でお応えしたします。

無料カウンセリング

無料カウンセリング

クリニック紹介

シロノクリニック
ドクターシーラボのアクアコラーゲンゲルを生み出したクリニックとしても有名になりました。

1995年の開業以来20年にわたり、レーザー治療の専門クリニックとして美容皮膚科の領域まで対応しています。
最新レーザー治療機器等を135台以上完備しており、症例数は開院以来25万症例を超え、しみ・しわ・たるみや毛穴・ニキビ跡などの皮膚のお悩みから、ホルモン治療でのエイジングケアやダイエットのお悩みまで、多岐にわたり解決へ導くクリニックです。

Mr.レーザーマン


お問い合わせはこちら

シロノクリニック関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜7時まで

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで

© 2016 Shirono Clinic All rights reserved.